ここから本文です

“小顔クイーン”北川景子、桐谷美玲に高須院長「顔の大きさ以外にも重要な条件が」

6/22(土) 13:00配信

週刊女性PRIME

 20世紀末ごろの“アムラーブーム”で注目された女性の小顔信仰だが、2019年になってもいまだ根強い。

【写真】小顔クイーンたちの全身カット、サングラスも大きく見えてしまう私服姿の北川景子

 5月に発表されたアンケート調査「小顔すぎる女性有名人ランキング」(出典:gooランキング)では、1位 安室奈美恵、2位 北川景子、3位 桐谷美玲、4位 佐々木希、5位 中条あやみという結果が出た。

 美容整形でも、エラを目立たなくさせる小顔目的のボトックス注射や、有村藍里が受けた輪郭矯正・骨切り術など、小顔にする施術の人気が高い。

 はたして、ランクインした女性芸能人の輪郭や頭の形は、もはや一般人と違うのか? また、小顔の条件とは? 美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長に話を伺った。小顔になりたい方、必見です!

──体格のせいかもしれませんが、昔の日本の人気俳優や女優は、そこまで“小顔”という印象はありません。そもそも日本で、女性の小顔信仰はいつごろから始まったのでしょうか?

高須「戦前から1960年代くらいまでの舞台・映画全盛期は、顔の大きさは“目立ちやすさ”だったので、大顔でよかったんだよね。どっしり、しっかりした顔だとスクリーンや舞台でも映えるでしょう? だけど活躍の場がテレビに移り、1970年代以降、モデルたちもタレント化すると、“スタイルが欧米的でいい”と8頭身がもてはやされるようになった。この時期はファッション誌もたくさん創刊されたし、洋服を着て全身写真を撮ると、顔が小さくてスラッとしてるほうが、そりゃあきれいに見えるよね」

──確かに、洋服を着こなす“カッコいいスタイル”という要素が加わると、昔の映画スターはちょっと違うかもしれませんね。

高須「そして1990年代にはタレントのキャッチコピーが〇等身だとか、股下何cmだとか、スタイルのよさに寄せるパターンが多発、そして安室さんの登場で“小顔でスタイルがいいことが憧れの女の条件!”と決定打になった感じだったかな。

 当時は安室さんがテレビに出るたびに司会者が“顔が小さい!”って言ってたし、そうなると注目も集まり、いつしかそれがいいこととなってしまう。視聴者も“顔が小さくてやせてるから、こんなカッコいい衣装も似合うんだ”って思っちゃうでしょう」

1/2ページ

最終更新:7/4(木) 16:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10/1号

特別定価420円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事