ここから本文です

ほへっ!? 娘の洋服が“パジャマ”だと知らされた衝撃を漫画に 「爆笑しました」の声

6/22(土) 14:10配信

オトナンサー

 2歳の娘の「お洋服」について描いた漫画がSNS上で話題となっています。ある日、知り合いのお母さんから、娘が着ていた洋服のブランド名を尋ねられた母。「もらいもので、よくわかりません」と答えると…という内容で「爆笑しました」「かわいいからセーフ」「女の子の服は難しい」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

【漫画】本編を読む

パジャマへの固定観念が覆った出来事

 この漫画を描いたのは、主婦のけろまいまいこ(ペンネーム)さん(32)です。インスタグラムや「ぎゅってWeb」で育児絵日記を発表しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

けろまいさん「娘が生後2カ月くらいの時、育児の思い出を残そうと思ったのがきっかけです。せっかく描くなら誰かに見てもらいたいと思い、インスタグラムに投稿しました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

けろまいさん「こういう失敗は一人で恥ずかしがっているより、ネタにしてみんなに笑ってもらった方がいいと思いました。結果、こうして取り上げていただき、まさに本望です(笑)」

Q.事実を知った時、どのようなお気持ちでしたか。

けろまいさん「指摘された時は『ほへっ!?』って感じでした。『パ、パジャマ? パジャマって、襟がついていて前開きボタンで綿100%の伸びない素材のやつじゃないの?』と。最近の子ども用パジャマはスタイリッシュなんですね…」

Q.その後も、外出時にも着せているのでしょうか。

けろまいさん「かわいいし、そのまま外で着せ続けようと思ったんですが…実はパジャマと認識してからパジャマにしか見えなくなってしまい、現在は100%パジャマ運用です。それまで、お出かけ着だと思い込んでいたのに人間って不思議ですね。しかも、なんと、しょっちゅう娘を連れて行くショッピングセンターの子ども服店で、このパジャマを取り扱っていることが判明しました。いろいろな人から『あれって…』と思われていたんでしょうね」

Q.ご家族はどのような反応でしたか。

けろまいさん「夫は『娘ちゃんは何を着てもサマになっちゃうから仕方ないね』と笑っていました。その後、『何を着ても似合うから、キッズモデルさせるべきかな。でも人気が出すぎて苦労したり、海外進出して離れ離れになったりしたら…やっぱりやめよう』と、話が脱線していきました(笑)」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

けろまいさん「皆さん、『かわいい服なら着せちゃってOKでしょ!』という認識のようです」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

けろまいさん「これからも日常の小さな『ウフフ』『トホホ』を、ゆる~い漫画(?)にしていきたいです。ジャンルにこだわらず、面白いことがあればどんどん描いていきたいと思います」

オトナンサー編集部

最終更新:6/23(日) 7:22
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

「ライフ」「漫画」「エンタメ」の3カテゴリーで、暮らしに話題と気づきをお届け!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事