ここから本文です

J1、J2、J3今節の見どころは? ガンバとベルマーレ、下位対決を制すのは? J2では9年ぶり開催のダービーも

6/22(土) 7:00配信

フットボールチャンネル

ガンバ大阪対湘南ベルマーレ

注目カード(明治安田生命J1リーグ)
ガンバ大阪対湘南ベルマーレ 6月22日 19:00

【動画】J1ポジション別ベストプレーヤー

注目選手
FW:ファン・ウィジョ(G大阪)
GK:秋元陽太(湘南)

 ガンバ大阪と湘南ベルマーレはともに最近は不調続きとなっており、下位に沈んでいる。G大阪はリーグ戦直近7試合でわずか1勝、湘南は現在リーグ戦で3連敗中だ。お互いにこうした悪い雰囲気を払拭するため、下位脱出を目指すためにも、なんとしても勝ち点3がほしいところだろう。

 現在J2降格圏内の17位に沈むG大阪は、リーグ戦直近4試合でわずか1失点と固い守備を誇っている。だが、問題は攻撃陣であり、なんとリーグ戦では現在まで10試合連続で複数得点を挙げることができていない。ここまで全17得点をマークしているが、そのうちの12得点は開幕~3月中に挙げたもの。そのため、4月~6月までの期間ではわずか5得点しか奪うことができていないことになる。この点の改善は急務だと言えるだろう。

 同クラブの注目選手はファン・ウィジョ。今季はここまで2得点と苦しんでおり、現在リーグ戦では10試合未得点となっているが、しかし、ここぞという場面で発揮される決定力は抜群であり、湘南戦で大爆発してもおかしくはない。不調のチームを救う一撃を沈めたいところだ。

 一方の湘南は先にも述べた通り、現在リーグ戦では3連敗中だ。直近4試合で5得点と攻撃陣はまずまずの成績を収めているものの、同4試合で喫した失点は「10」。守備の脆さが連敗の要因となっていると言えるだろう。G大阪の得点力は低迷しているにしても、ここは大きな不安となる。

 そのウィークポイントを消しうる存在となるのが秋元陽太。今季もすでに何度かチームを救うビッグセーブを見せており、G大阪戦でもそうした特長は発揮したいところ。最後尾から常に声を出し続け、最終ラインに安定感をもたらしたい。

ヴィッセル神戸対大分トリニータ

注目カード(明治安田生命J1リーグ)
ヴィッセル神戸対大分トリニータ 6月22日 18:00

注目選手
MF:アンドレス・イニエスタ(神戸)

 トルステン・フィンク監督の初陣となった前節のFC東京戦では、アウェイという難しい状況の中、1-0で勝利。支配率58%を記録し、シュート数も20本放つなど、首位を走るチーム相手に堂々とした戦いぶりを披露した。

 迎える今節、ヴィッセル神戸はホームで大分トリニータと対戦する。狙うのはもちろん、今季2度目となる連勝だ。ホームではリーグ戦で2回しか勝利することができていないが、大分相手に粘り強い戦いを見せたい。

 アウェイの大分は現在リーグ戦で4試合未勝利が続いている。さらにいずれの4試合で挙げた得点はわずか「3」となっているなど、攻撃陣の停滞が目立っている。だが順位はまだ6位であり、2位の川崎フロンターレとの勝ち点差がわずか「3」であることから、まだ上位へ食い込むことは可能だろう。そのためにも勝ち点の取りこぼしは避けたいところ。攻撃陣がどこまで神戸の守備陣を攻略できるかが、カギになるだろう。

 注目選手はアンドレス・イニエスタ。前節のFC東京戦で6試合ぶりに先発出場を飾った同選手は、後半開始早々に芸術的なシュートを叩き込むなど勝利の立役者となった。今節もゴールを狙うことはもちろんのこと、中盤で違いを生みだし大分の脅威となりたいところだ。元スペイン代表の“天才”のプレーに要注目である。

1/3ページ

最終更新:6/22(土) 7:00
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事