ここから本文です

「斎藤工」が意外なパーティーに出席して神対応 「今あるのは人妻温泉のおかげです」

6/22(土) 6:01配信

デイリー新潮

 最近、ネットでは斎藤工(37)の“神対応”が話題になっている。6月11日、シンガポール観光大使を務める彼が、都内で開催された「シンガポール・フーディーズ」に参加。同国の魅力を語ったばかりでなく、「全員に食べて欲しい」と自ら報道陣に料理を運んできたというのだ。実はその3日後、六本木で行われた、とある番組のパーティーでも……。

 ***

 6月14日、六本木駅からほど近いイタリアンの店には、芸能人やテレビ局関係者など100名近くが集まった。パーティーの発起人はヒデちゃんこと中山秀征(51)。彼がMCを務めた夕方の情報・バラエティ「ラジかる!!」(日本テレビ:2005年10月~06年3月)、これに続く朝の情報・バラエティ「ラジかるッ」(同:06年4月~09年3月)の卒業10周年の同窓会である。

 参加者の一人が言う。

「同窓会と同時に、ヒデちゃんと一緒にMCを務めた賀集利樹(40)が4月に結婚したこと、そして宮崎宣子アナ(39)が独立したこと、そして当時のプロデューサーが還暦を迎えたことも一緒に祝っちゃえというパーティーでした。番組が終了して10年も経つのに、こんなに集まるとは思いませんでしたよ」

 そこには、元フジテレビアナのチノパンこと千野志麻アナ(41)も現れたという。

「彼女が13年に死亡事故を起こして全ての番組を降板して以来、こうした場所に出席したのは初めてかもしれません。彼女にとって『ラジかるッ』は、フジを退社してから初の他局レギュラー番組でしたから、思い入れもあるんでしょうね。そろそろ現場復帰もしたいでしょうし、スタッフに挨拶して回っていましたよ」

 そして、斎藤工が現れたのである。

「ひょっとしたら来てくれるかも、と言う人はいました。ですが、まさかホントに来るとはね。もう女性陣は大騒ぎでした」

 それはそうだろう、今や飛ぶトリを落とす勢いの工クンである。

1/2ページ

最終更新:6/22(土) 11:18
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい