ここから本文です

メンズコレドタバタ日記 “ギャルソン・デー”に訪れた今季最大の危機「『ミハラ』、もう間に合わない……」

6/22(土) 23:00配信

WWD JAPAN.com

6月21日、晴れ。最高気温は23度。湿度も低くてベリー爽やか。昨日は久々に6時間寝て、元気いっぱい!朝ごはんも1時間半食べ続け(原稿を書きながら、ですよw)、ますます元気いっぱいです!さぁ、張り切って参りましょう。

【画像】メンズコレドタバタ日記 “ギャルソン・デー”に訪れた今季最大の危機「『ミハラ』、もう間に合わない……」

"10:20 「コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン」"

パリメンズの金曜日は、“ギャルソン・デー”。「コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン(COMME DES GARCONS JUNYA WATANABE MAN以下、ジュンヤ マン)」と「コム デ ギャルソン・オム プリュス(COMME DES GARCONS HOMME PLUS以下、プリュス)」が競演する日だからです。先攻は「ジュンヤ マン」。コンセプチュアルでアヴァンギャルドなウィメンズに対して、リアルクローズのメンズというブランド。どっちもできるんだから、渡辺淳弥さんとはつくづく多才なデザイナーです。余談ですが、ウィメンズの正式名称は「ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン」で、「コム デ ギャルソン」と「ジュンヤ ワタナベ」の順番もメンズとウィメンズでは異なっています。記事を書く人間としては、気を使うところです(笑)。

コレクションは、朝日を浴びる男性にぴったりの気取らないキレイめ。麻混でパリッとしたジャケパンに始まり、ステッチワークの効いたシャツや数少ないビビッドカラーのブルゾン(チューリップを描いた胸のワッペンがカワイイ)まで、「ジュンヤ マン」らしいハイブリッドを駆使しつつ、誰でも、気負わず着られる洋服ばかり。正直、派手好きな僕なんかは「もうちょっとなにか見たい」って思っちゃうけれど、「これくらいがちょうどいい」と思う人の方が多いのは事実でしょう。

"11:30 「アン ドゥムルメステール」"

お次はパリコレの遅刻常習犯「アン ドゥムルメステール(ANN DEMEULEMEESTER)」です。今回も、この後に影響しそうなプチ遅延。「アン」流のマリン。スモークで満たされた空間が、フラジール(繊細な)少年たちの世界に誘います。

1/5ページ

最終更新:6/24(月) 15:18
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2092号
2019年7月15日発売

定価500円(税込み)

百貨店はファッションを諦めない! 百貨店6社のトップに聞いたデジタル戦略や富裕層対策

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事