ここから本文です

開衿シャツの下に着るTシャツは、色の選び方にコツがある!

6/23(日) 10:01配信

MEN’S NON-NO WEB

今年の夏も欠かせないトレンドアイテム、開衿シャツ。Tシャツの上に着るのが基本だが、おしゃれな合わせにするための法則を人気スタイリストに聞いてみよう。

総柄の開衿シャツには、柄の色を拾ったTシャツ

「キャッチーな総柄の開衿シャツはインパクトが強いので、Tシャツの色を間違えるとガチャガチャとうるさい印象に。柄の色を拾ったTシャツにすれば、すんなり馴染みます! ボディのほうの色、この場合はパープルを拾ってしまうと首もとの抜け感がなくなり野暮ったくなるため注意」(スタイリスト井田正明さん)

ストライプの開衿シャツには、メインカラーと同系色のTシャツ

「中に強めのTシャツを着てコントラストがつくと、せっかくのクリーンな雰囲気が崩れてしまいます。バランスを意識してシャツと同系色のTシャツを選ぶのが正解ですね。ブラウンベースには落ち着いたベージュ、というようにすれば白や黒を拾うよりも収まりがいいんです」(スタイリスト井田正明さん)

ブラックの開衿シャツは、モノトーンでまとめつつストリートに

「人気のブラックには、白Tシャツでモノトーンシックにまとめるのがセオリー。さらに一歩先を狙うなら、ストリートなグラフィックや小物で味つけを加えてみましょう。ポップな絵柄だと遊びがきいて差をつけられます。裾を出すとストリート色が強くなるので、タックインしてコンパクトにまとめて」(スタイリスト井田正明さん)

※価格は全て税別です。Photos:Masaki Fujimura Model:Takuya Wakabayashi

最終更新:6/23(日) 10:01
MEN’S NON-NO WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズノンノ

集英社

2019年10月号
9月9日発売

定価710円(税込み)

男性向けファッション総合メディア
「メンズノンノ」は雑誌とウェブサイトで
おしゃれと実用の多様な情報を発信中!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事