ここから本文です

梅雨時はチャンス到来!? あえての「雨の日洗車」がオススメな理由とは

6/23(日) 7:03配信

WEB CARTOP

漬け置き洗いのような効果が得られて汚れが取れやすい

 梅雨の季節は当たり前だが雨の日が多い。せっかく洗車をしたのに、雨が……と悲しくなる人もいるだろうが、あえて思い切って雨の日に洗車するのも悪くはない。

意外と知らない!汚れが溜まりやすいクルマの「すき間」6つ

 あまり小雨では意味がないが、ある程度の雨量がある日だと洗車する前からホコリや汚れがサッと流された状態から始められる。また、鳥の糞や虫の死骸などもふやけて取りやすい。洗濯物や食器類の漬け置き洗いのような効果が得られるのが、雨の日の洗車というわけだ。

 もちろん、雨の日でもホースで水をかけながら洗車をするほうが、傷もつきにくいし汚れも落としやすい。しかし、水洗いだけならすすぎや拭き取りはほぼ不要。

 晴れの日と違って、拭き取りをしなくても水滴が乾いて白いシミ(水道水のカルキ)にならないことも雨の日の洗車のメリット。

 雨の日はワックスやコーティングをかけづらいという問題もあるが、そもそも前回の洗車時のワックスやコーティングがまだ有効なら水洗いだけでもクルマはきれいになる。

 そうでない場合でも、濡れたボディにスプレーするだけで使えるコーティング剤なども市販されているので、これらを使えば水弾き効果をすぐに実感できるという楽しみも!

ガソリンスタンドや用品店での洗車も雨の日がお得な場合も

 また、ガソリンスタンドやカー用品店の洗車コーナーでも雨の日の洗車は「割引」になっている場合があるので、これらを利用するとけっこうお得。

 とくにガソリンスタンドのセルフ洗車機で、ワックス洗車やコーティングを選ぶと拭き取りいらずで、いつもと同じ効果が得られる。しかも料金も割引だったりして、雨の日の洗車のメリットが最大限生かせるという特典付きだ。

 というわけで、雨の日の洗車には傘をさしたり合羽を着たりという不自由さ、めんどくささはもちろんあるが、案外メリットも多いことがお分かりいただけただろうか。出かける予定が雨で中止になってしまったといった梅雨の休日には、自宅で洗車という過ごし方も悪くないはずだ。

藤田竜太

最終更新:6/23(日) 7:03
WEB CARTOP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい