ここから本文です

ミャンマーの中国人強制退去

6/23(日) 23:32配信

Japan In-depth

【まとめ】

・ミャンマー不法滞在中国人が強制退去。

・中国資本の違法バナナ農園、深刻な環境破壊も。

・中国の一帯一路政策による経済援助で現地は異を唱えずらい。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=46413でお読みください。】



ミャンマー北部カチン州のワインモー郡当局は5月から6月にかけて、同郡にある無許可の違法バナナ農園などで不法滞在して労働に従事していた中国人23人などを検挙、罰金を科すとともに中国に強制送還する措置をとったことが明らかになった。

米政府系放送局「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」が6月13日に伝えたもので、ミャンマーなどで急増している中国人による不法労働の実態が浮き彫りになった。

報道などによると、ワインモー郡移民当局が5月26日、カチン州のサドン検問所で中国人11人を取り調べたところ、10人が不法滞在であることが判明、1人につき罰金として50万チャット(約330ドル)を徴収し、強制退去処分として中国側の当局者に引き渡したという。

この10人は近くの中国資本のバナナ農園で労働者として働いていたが、農園そのものも許可受けていない無許可違法農園であることがわかり、郡の関係当局が実態調査を始めた。

別のバナナ農園で働いていた中国人9人は他人所有の土地などに侵入して不許可で樹木を伐採したり、勝手に開発したりするなどしていたためミャンマーの森林法違反で摘発され、やはり同額の罰金を支払わされた。この9人は今後森林法違反の司法手続きがあるため拘置施設に現在も拘束されているという。

また6月3日にはバイクの交通事故に関連して取り調べを受けていた中国人1人が、不法滞在であることが判明し、同額の罰金を科して強制退去処分にした。

6月6日に不法滞在で逮捕された中国人3人も同額罰金の支払いが科され、強制送還に向けた手続き中で、近くミャンマーから追放されて中国移民当局者に引き渡される予定としている。

1/2ページ

最終更新:6/23(日) 23:32
Japan In-depth

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事