ここから本文です

那須川天心が亀田興毅戦を振り返る「今まで戦ったことのないような気迫が伝わってきた」ボクシング転向は「今じゃない。欲を言えば両方やりたい」

6/23(日) 16:11配信

ゴング格闘技

 2019年6月22日(土)『1000万円シリーズスペシャルマッチ 那須川天心vs亀田興毅』(AbemaTV)で、RISE世界フェザー級王者・那須川天心(TARGET/Cygames)がプロボクシング世界三階制覇・亀田興毅とAbemaボクシングルールで対戦した。

【写真】亀田に強烈な右フックを叩き込む那須川

 試合後、那須川は報道陣に次のようにコメント。亀田から感じた気迫、ボクシング転向についてなど、疲れを感じさせない元気な姿で報道陣の質問にハキハキと答えていた。

■自分が今ボクシングに行ったらまだ後悔するんじゃないかな

 技術とか戦いの中の攻防というより、一番感じたのは気持ちです。今まで戦ったことのないような感覚・気迫が伝わってきました。ヤバいなとは思わなかったですが、最後の3R残り1分は、自分は足を使って動くスタイルなんですが、ここで足を使っていつものスタイルでやってもいいのかなって思っちゃって、最後はちょっと慣れない打ち合いというか、自分から仕掛けようという気になりました。

(試合を控えてヘッドギアを外すのに抵抗は?)全くないですよ。次の試合のことは試合前は考えましたけれど、試合になったら一切そんなことは考えず、全部出し切ろうと思いました。亀田選手がとってくれたので、やるしかないなと。そこまで変わった感じはしなかったんですが、より迫力はありました。

(倒せそうな)感覚はあったんですけれど、そうさせなかった亀田選手が強かったですね。

(戦前の勝敗予想は亀田有利だったが)見てろよ、というのはありました。見返したというような想いはないですが、皆さんに証明は出来たかなっていうのはあります。(あと1RあればKOできていた?)いやいやいや、それはナンセンスです。

(ボクシング転向は?)考えたりはしますけれど、例えば自分が今ボクシングに行ったらまだ後悔するんじゃないかなっていうのがあって。キックボクシングが盛り上がってきていますが、ここでいま自分が抜けてしまうと、少しは自分がキックボクシングを盛り上げられていると思うので、今抜けるべきではないと感じます。欲を言えば、ですよ。欲を言えば両方やりたいです。

(ボクシング技術で圧倒していたが?)圧倒していたかどうかはわかりませんが、自分の技術は出せたかな、テーマは出来たかなと思います。相手はサウスポーなので前の手のリード(右ジャブ)をめちゃめちゃ練習しました。そうですね…欲を言えば両方やりたいです。

(亀田があまり攻撃できなかったのは?)それは自分が出させなかったと思います。出す距離の前に自分が全部止めるというのをやっていたので。

1/2ページ

最終更新:6/23(日) 16:11
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事