ここから本文です

【シュートボクシング】海人が中島弘貴をKO!「70kg級で世界の強豪と戦いたい」

6/23(日) 21:49配信

ゴング格闘技

SHOOT BOXING 2019 act.3
2019年6月23日(日)東京・後楽園ホール

【写真】海人の強烈な右ストレートがヒットした瞬間

▼第10試合 69.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R
○海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者、SB日本スーパーライト級王者)
[4R 2分56秒 KO] ※3ノックダウン
×中島弘貴(バンゲリングベイ・スピリット/第3代Krush-70kg級王者、K-1 WORLD MAX 2010日本トーナメント準優勝)

 海人は昨年、4月に不可思をTKOで撃破、7月と8月のRIZINに連続出場して2連勝、12月には『KNOCK OUT』で水落洋祐にTKO勝ちしてスーパーライト級国内最強の実力を見せつけた。11月にはシュートボクシング世界トーナメント『S-cup』を全試合KOで制し、2018年は強豪ばかりを相手に9勝(8KO)1敗の戦績で駆け抜けた。

 今年2月にはムエタイ現役ランカーにも勝利したが、4月のチャド・コリンズ戦で敗れ、連勝が「5」でストップ。今回が再起戦となる。得意のヒジ打ちを封印してのルール、通常試合体重より4kg重い69.0kg契約の試合に臨む。

 中島は2006年7月16日、第25回全日本アマチュアシュートボクシング選手権・関東大会の中量級 (-67kg) で優勝し、同年9月シュートボクシングのリングでヒザ蹴りによる衝撃KOデビュー。SBのリングで4連続KO勝利を飾った後は様々なリングに上がり、デビューから13連勝を飾るなど、長らく国内の70kg級トップ戦線で活躍してきた。2010年K-1 WORLD MAX 2010 -70kg日本トーナメント準優勝、2012年には欧州最大のキックボクシング団体(当時)であったIT'S SHOWTIMEの日本王座として制定されたSTJ 70kg MAXの初代王者にも輝いている。

 2009年3月からはKrushを主戦場とし、2009年8月にKrushライト級グランプリ2009優勝。2015年と2017年にはK-1スーパーウェルター級王座決定トーナメントに出場している。試合は2018年1月にKrushで神保克哉に判定負けを喫して以来。今回、12年ぶりにSB復帰戦を迎える。

 1R、海人は右ロー、中島はジャブ。海人はスイッチを多用する。中島は時折大きいフックを放ち、組み付いてヒザを突き上げる。

 2R、中島は丁寧にジャブを突き、海人がパンチを放ってくると首相撲に捕まえてヒザを突き上げる。海人は前へ出てローを蹴り、左フックを当てに行く。オープンスコアはジャッジ三者とも10-9で海人。

 3R、中島のジャブと海人の右ローの応酬が続く中、海人が意表を突く飛びヒザ蹴りを命中させるが中島は何事もなかったかのようにジャブを出す。海人の右ロー連打でついに中島が足を上げ始める。海人は左フックからの右ロー、さらに顔面へヒザを突き上げ、右ローでさらにダメージを与えていく。

 4R、海人は足払いで崩してのヒザ蹴り、さらにボディブロー。右ローで中島は大きくグラつく。ロープを背負った中島のアゴに海人は右ヒザを突き上げ、ダウンを奪う。左右アッパーの連打、ヒザ蹴り、そして右ローで2度目のダウンを追加。最後はパンチからの右ローで、中島はゆっくりと尻もちをつくように崩れ落ちて3度目のダウン。海人のKO勝ち。

 海人はマイクを持つと「4月はチャド・コリンズ選手に負けて落ち込んだんですが、ここにいるファンの皆さんのおかげで勝つことができました。僕は65kg級に収まるつもりはないので階級を上げて70kg級で世界の強豪と戦いたい。もちろんあの3人にもやり返したい。皆さん、僕と一緒に世界へ行きましょう」と笑顔で答えた。

最終更新:6/24(月) 12:38
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ