ここから本文です

小室圭さんで話題の米国弁護士資格 その信用度は高く、有名人を多く輩出している!

6/23(日) 9:10配信

オトナンサー

 小室圭さんが卒業した米ニューヨークのフォーダム大学はイエズス会系の名門私立大学として知られています。現在は夏季休暇中で、秋に編入するというJDコースを終了すれば、法務博士の学位が与えられます。最近、話題の多い米国弁護士ですが、米国ではどのように評価されているのでしょうか。

 今回は、ニューヨーク州弁護士のリッキー徳永(徳永怜一)さんに、米国弁護士資格の実態について伺います。徳永さんは日本の大学を卒業後、単身渡米し、ルイジアナ州ニューオリンズのTulane University Law School(LLM)に留学。ニューヨークに拠点を移して法律事務所で7年間勤務し、米国現地企業や日系企業に対する法的助言や契約書などの作成を担当しました。現在は外資系IT企業に勤務しています。

米国弁護士の著名人はこんなに多い

 日本では、司法試験の合格率を上げて弁護士数を増やしたために弁護士の質が低下する、という議論がなされることがあります。米国ではどうなのでしょうか。

「アメリカでそのような話はまったく聞きません。日本とは比べ物にならないほど弁護士人口は増えていますが、弁護士という資格は特別な存在として捉えられています。また、裏方としての代理人業務だけという概念はありません。ビジネスや、芸能、教育、外交、政治、あらゆる場で弁護士資格保持者が前に出て著名人として開花しているのがアメリカの実情です」(徳永さん)

「このように、チャンスが無限に広がるアメリカでは、弁護士の活躍の場も幅広いのです。米国弁護士の著名人として、オバマ前大統領、ケント・ギルバート、ヒラリー・クリントン、ミシェル・オバマなどがいます。この他、州知事が弁護士資格保持者ということもよくあります」

 また、弁護士資格は信用のバロメーターとして重要な役割を果たしていると、徳永さんは解説します。どのようなバロメーターでしょうか。

「公益に関心の高いアメリカ人は、リーダーを見極めるときに、その人の資格を高く評価します。弁護士資格は資格の頂点と言ってもいいでしょう。信用度が高いため、テレビや大手メディアでも弁護士資格保持者を優先します。あらゆる分野においてリーダーとして有名人になるために、信用度が高い資格と言えるでしょう」

1/2ページ

最終更新:6/23(日) 12:13
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

「ライフ」「漫画」「エンタメ」の3カテゴリーで、暮らしに話題と気づきをお届け!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事