ここから本文です

<いだてん>金栗四三篇完走へ!演出陣がスタート地点から振り返る

6/23(日) 9:00配信

ザテレビジョン

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか) が、6月23日(日)放送の第24回で第1部のフィナーレを迎える。

【写真を見る】第1部フィナーレへ!金栗四三(中村勘九郎)篇を振り返る

日本初のオリンピアン・金栗四三(中村勘九郎)を主人公に、日本スポーツの黎明期を描いてきた本作。第2部では、主人公が新聞記者の田畑政治(阿部サダヲ)に交代し、1964年の東京オリンピックに向けて物語が展開していく。

今回「ザテレビジョン」では、本作の演出を務める井上剛、一木正恵、西村武五郎に鼎談インタビューを敢行。

前後編で送る前編では、日本初参加となった1912年のストックホルムオリンピック、1920年のアントワープオリピック、箱根駅伝の初開催、女子スポーツの発展、関東大震災などが描かれた第1部。全体を振り返りながら、本作への思いや第1部を走り抜けた主人公四三について、3人に語ってもらった。

■ 今までに使ったことがあるフォーマットがゼロだった

――今作は近現代史を描くということで、映像化が難しかったのではないかと思うのですが、最初に苦労したのはどんなところでしたか?

西村:舞台が明治大正の「東京」ということで、今までの大河ドラマで使ってきたロケ地とかセットとかが使えないので、一番最初は1カットも撮れないんじゃないかっていうところからスタートしました。

井上:近現代を描く作品なので、今までに使ったことがあるフォーマットがゼロだったんです。だから、それを作るところから始まりましたね。

ロケ場所も全然ないので、通常の大河ドラマにはいない「土木部」というチームを作って、土木関係の人が道をならしたり、砂を引いたりしてもらうこともありました。

一木:グラウンドを作るためにね。

西村:アスファルトの道しかないので、マラソンコースなどの撮影をロケでするために砂をまいて、昔の道に見せないといけないといけなかったんですよね。

井上:そうそう。どこを探しても走る道がなかったんです。例えば合戦のシーンだったら、今までの大河ドラマのいろんな“イロハ”が使えるけど、今回の見せ場はスポーツ。だからこそ頑張って撮らなきゃいけないですし、いろんな形でテスト撮影を行って、「どうやったらいろんな場所に見せられるか」と考えていきました。

――どうやってロケ場所を探していったんですか?

西村:ストックホルムでも東京でもそうですけど、撮影チームでとにかく歩き回りました。

劇中で孝蔵くんが走りながら落語の世界を知っていったように、四三さんが東京中を走って練習したように、みんなで本当に歩いて探していきました。

ロケハンの時には、いつも万歩計が2万5千歩くらいにはなってて、それがこのチームの特色だと思います。

井上:歩き回ったことで、「ここから海が見えたかもしれない」とか、「富士山が近かっただろう」とか、いろいろと見えてきました。

一木:このドラマでは、例えばマラソンのシーンだとゴールの部分だけとか、一部分だけを切り取って撮影するのではなく、その前後も含めてなるべく息の長いカットで撮っていくというのが方針としてあるんです。だから、そういう撮影ができる道を探すために、みんなで歩きました。

長いカットを取れるロケ場所のおかげで、シーンとシーンに流れるような連続性が生まれて、そこがドラマの持ち味になっているんじゃないでしょうか。マラソンを表現する上では、特にそういう場所を探すことが大事だったのかなと思います。

――では、第1回、第5回で登場して、一番最初の見せ場になった「羽田でのオリンピック予選会」シーンも大変だったんですね。

3人:あれは大変だった!

一木:あのシーンは、神宮外苑競技場や、国立競技場のグラウンドを作った老舗(しにせ)の会社が手がけてくれたんです。

井上:場所を探すのも大変でした。羽田って昔は海沿いだったので、そのロケーションを作りたかったんです。その会社には、どうやったら砂浜を固められるかなど、相談しながら作ってもらいました。

一木:当時の羽田は、海水浴場と一体になったレジャースポットとして開発されていたんです。その様子が写真にも残されているので、それを再現するために、最初は海辺のグラウンドを探したんですけど、ないんですよね。

井上:テトラポットがあったり、公園になってたり…。

西村:写真だけじゃなくて、その当時のグラウンドの図面も残っているので、だからこそ大変でした。資料は探せば探すほど出てくるので、再現するにはどんどん大変になっていくんです。

井上:自分たちの首を締めていくっていう(笑)。

■ 昔の人が語る主観の中での浅草とかも取り入れるようにしました

――日本橋や浅草の風景を再現するのも、大河ドラマではあまりないことですよね。

井上:そうですね。当時の日本橋や浅草に詳しい方を聞いてお話を聞いたりして、すごく研究しました。

西村:あと、絵ハガキもめちゃくちゃ集めましたよね。

一木:写真を忠実に再現して、写実的にしていくだけでは、ドラマの見え方としてうまくいかないこともあるので、昔の人が語る主観の中での浅草とかも取り入れるようにしました。少しだけデフォルメされて語られている“浅草の町並み”とかも再現されているのではないかなと思います。

井上:ドラマの中の描写でもありましたが、あの当時は浅草十二階が東京で最も高いところだったので、今のスカイツリーみたいに観光名所になっていたんです。

時代によって移り変わっていく町の風景も描きたかったので、古い浅草っていうのは大事にしていましたね。

劇中では時代がどんどん変わっていくので、更新していくのも大変です。でも、そこが見ていて面白いところでもあるんですよね。

――スウェーデン・ストックホルムに1912年のオリンピックが行われたスタジアムが残っていると知ったときは、うれしかったですか。

井上:ここに来るドラマを作らなきゃいけないと思いましたね。宮藤さんとも現地に見に行きました。

スウェーデンでの撮影は、時間が短かったんですけどたくさん映像が撮れたっていう印象があります。なんでそんなことができたのかなって振り返ってみると不思議です。

西村:ドラマの中では「白夜」がキーワードで、選手たちが「白夜」にうなされるという台本でしたが、現地の就労規則で夕方までしか撮影ができなかったんです。だから、白夜のシーンが撮りたいのに撮れなくて(笑)。

一木:それに、すごくきれいでしたよね。撮影を終わらなきゃいけないのが17~18時くらいだったんですけど、19時くらいの射光が本当にきれいなので、「なんで撮影できないんだ!」って思いました(笑)。

撮影できない時間に、さみしく部屋の中でご飯を食べながら、不安に思ったこともあったんですが、編集しながら、時間だけではない何か大きなパワーが宿っていた収録だったように感じました。

井上:役者の心境も、あの撮影で変わりましたよね。

――皆さんが歩いて探したロケ地が、ドラマに活かされている具体的なシーンはどのあたりになりますか?

井上:初期はロケばっかりでしたね。熊本でもいろいろとロケをしていました。熊本の家は、実際に江戸から続いている家を使わせていただいて、家の前には石橋があったり、畑もあるところでした。

西村:熊本には石工さんがすごく多いので、石の橋がすごく多いんです。日本橋を作ったのも熊本の石工さんだそうです。そういうところにも土地柄が見えますね。

一木:普通の大河ドラマでは、“家”って大体セットでしか表現できなくて、実際に建っている家を使って撮影するとしても、家の外は観光地っていう状態のことが多いんです。

でも、このドラマでは人々の動線があって、暮らしの道がある。家にたどり着くまでの道とか、洗濯物を干す場所とか、遊び場とか、大きなフィールドを意識しているんです。

そういう撮影場所は、大河ドラマの主人公の家としては初めてのような気がしていて、私は熊本の家は革命的だったと思っています。

――出演者の方にお話を聞いた際に、「このドラマではカットをかけずに、一連で撮ることが多い」とおっしゃっていたんですが、そういった撮影方針があるんでしょうか?

井上:やっぱり人間なので、カットをたくさんかけて撮影していくとつながらないんですよ。だんだん機械みたいになってきて、本当にそれが正しいのか分からなくなるんです。

例えば、ドアから入ってきてカット、座ろうとしてカット、座ってお茶を飲もうとしてカットってやっていくとつながらないじゃないですか。座ってお茶を飲むのがドラマになるかもしれないし、お茶を取ろうとして落ちるかもしれない。だから、人の動きを止めたくないんです。一連で撮っていったシーンを見て、そのシーンのどこが面白いのかを発見していくということも僕たちの仕事だと思っています。

カット撮りをした方がいいシーンもありますけどね。

一木:物事を強調するためにカットしながら撮っていくということもあるんですが、このドラマの方針としては、“中継スタイル”みたいな感じがありますね。

もちろん、俳優さんたちにはきちんとした動きを演出しますが、カメラを複数台並べて一連で撮ることで、決まった感じじゃない人間の自然な動きを撮影できるんです。

例えば、そのカメラに囲まれた広い空間の中で、役者さんたちがぶつかったり、触れ合ったり。自由度が大きい方が、「いだてん」の方針に沿っていると思っています。

西村:エピソードによってケース・バイ・ケースですが、それはこの「いだてん」では大きいですね。特に競技を見せるときには、役者さんたちも本気で鍛えてきてくれるからこそ、その肉体全体から出るものを見せるための表現をしたいという思いに駆られていきました。

だから、走りや泳ぎを撮影するときには、ある程度の長さで撮影するようにしています。

選手たちを応援している人たちの表情も、一連で撮った方が良さが出る気がします。

一木:だからこそ、鬼気迫るものができているんですよね。

役者さんたちは、フルマラソンを走っているわけではないんですけど、呼吸が違ってくるんです。

本当に選手と同じ状態まで近づきたいという思いを役者さんたちも持っていらっしゃるので、こちらもその状態を見せるために、なるべく最初から最後まで長く撮るということは大事かなと思いますね。

■ キュートに見えるのが一番大事なことなんじゃないかな

――金栗四三さんの人物像はどのように作っていったんでしょうか?

井上:いろいろ資料がある中からいろいろ推測していくんですけど、このドラマの特色でいえば娘さんにお話を聞くことができたということです。それに、ビデオも残っている。

あとは、新聞に掲載された記事などで、ユニークなことをお話している記録が残っているので、そういうところから膨らませていきました。

――個人的には、四三さんはすごくかわいらしい人に見えるんですが、そういう見え方を皆さんも意識していたんでしょうか?

一木:私も、かわいらしい人でいてほしいと思っていました。

四三さんって本当に無垢な人なんですけど、その面だけでは現実味がなくて、もちろん野心も向上心なども持っていて、知的な方でもあります。それを全てをひっくるめて、キュートに見えるのが一番大事なことなんじゃないかなって思ったんです。それに、かわいらしさっていうものは、演じている勘九郎さんの持ち味でもありますよね。

井上:勘九郎さんは実際に金栗四三さんの娘さんたちに会った時に「お父さんが帰ってきたみたい!」っていうことを言われて、すごく感動してましたね。その時からスイッチが入っていったように思います。

西村:他の大河ドラマだったら、武将になるために策士な一面を見せたりすることがあると思うんですけど、四三さんただただ“走る”っていうことしかしない(笑)。

僕たちが想像できないことにまっしぐらになっている様が、バカにも見えるけれど、とてもピュアにかわいらしく見えるといいなと思いながらやっていますね。

そんな人が、今では僕たちの中でポピュラーになっているマラソンを作ってきているっていうことが心を打つような気がしています。

そういえば、ある時期勘九郎さんがトレーニングを重ねていって、身体もどんどん磨かれていって、僕らも惚れ惚れしていったのですが、はたと立ち返り、「それができるだけストイックすぎには見えないようにしたいね」っていう話はしたことがありますね。とにかく台本にもあるように「走りたくて走っている人」にしたいという思いがあったので。

一木:あんまり苦労してる人には見えてほしくなかったんですよね。(ザテレビジョン)

最終更新:6/23(日) 9:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン29号
7月10日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事