ここから本文です

<名取裕子>27年間演じてきた二宮早紀に孫誕生「“孫育て”しながら事件を解決」

6/23(日) 16:00配信

ザテレビジョン

6月23日(日)夜9時から放送される「法医学教室の事件ファイルスペシャル」(テレビ朝日系)。“2時間ドラマ”を代表する作品の一つで、今回、第46弾を迎える。このたび、27年にわたって主人公の法医学者・二宮早紀を演じてきた名取裕子が、作品に対する思いの他、今作の見どころなどを語った。

【写真を見る】おばあちゃんとおじいちゃんになる名取裕子と宅麻伸

――今回、早紀の息子・愛介(佐野和真)が、研究室の助教授・伊吹南(中村静香)と“授かり婚”するそうですが?

このシリーズは視聴者の方々と同じように年齢を重ねてきたと思っているので、皆さんと同じ目線の出来事が起きるのがとてもうれしいですね。

最初、早紀はなかなか子宝に恵まれず、連続ドラマシリーズの最後で愛介が生まれたのですが、愛介が大きくなるにつれて夫婦も成長してきたと思うし、これからは“孫育て”しながら事件を解決できたら楽しいかな。

早紀は息子には厳しかったけど、お孫ちゃんには甘そう(笑)。そのうち愛介が静香ちゃんに逃げられちゃうなんてこともあるかもしれないし、そしたら私たちが頑張らなくちゃ!どんなことが起きても楽しそうですね(笑)。

――旦那さまであり横浜東署の刑事・一馬(宅麻伸)とはどんなお話しをされましたか?

早紀と一馬の歴史も27年になるので、宅ちゃん(宅麻)と2人でしみじみ「そういえば愛介が誘拐された事件もあったなあ」とか「ランドセルを買うとき一馬が連れて行ったよね」などと話をしました。宅ちゃん、いや一馬は私より甘いおじいちゃんになりそうですね(笑)。

――今回は鑑識員役で室井滋さん、管理官役で阿川佐和子さんが出演されます。お二人の印象はいかがですか?

室井さんとは何度か共演したことがあるのですが、彼女は常に最初から本気。様子見なんてまったくせず、はじめから全力で役を出してくるスゴイ女優さんだなと思います。

今回もリハーサルの段階から全身で役に入り込んでいらしたので、おっと思いました。相変わらずエネルギーも素晴らしいし、それでいて感情の変わり目もきめ細やかに演じていらして…室井さんが出てくださってドラマに深みが出たなと思いました。

阿川さんは、檀ふみちゃんと3人でとっても仲がよくて、プライベートでご結婚のお祝いもしていたので、久しぶりにお会いできてうれしくなっちゃいました。

佐和子さんも「陸王」(TBS系)から「女優って面白いね」とおっしゃっていて、今回は身長的に一番小さいのに一番“偉い”役に挑んでくださいました(笑)。

静かでクールなせりふ回しで、管理官の高圧的なところをよく表現されていましたよ。それにしても阿川さんは文章は書ける、キャスターもできる、女優もやられる、嫁にもいかれる…これではちょっと立場がありませんので、私も阿川さんに負けないように頑張りたいと思います(笑)。

――今作の見どころ・意気込みをお願いします。

本作では、“パワハラ”や“働き方改革”など今どきの話題が事件に絡んできますが、今はとても難しい時代ですね。

ベテランが若手に仕事を伝える時、きちんとコミュニケーションを取らないとパワハラになってしまうことがある。

働き方改革もあって、いくら時間がかかっても納得いくまでやりたいということもダメだったりする。コンプライアンスや法令は守らなければいけませんが、やはり信じられるのは目に見えない思い…。手を伸ばしてその思いをちゃんと伝えていくのが大事なことだなと思います。

早紀でいえば、事件を解決して被害者の無念を晴らしたい…そういう思いが壁を乗り越えていくというところを皆さんにお見せしていきたい。

これからもこのシリーズでは、見終わった後、「明日もまた頑張ろう」「真面目に働いて生きていこう」と思えるような作品を目指していきたいなと思います。(ザテレビジョン)

最終更新:6/23(日) 16:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン39号
9月18日

定価:410円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事