ここから本文です

日本代表MF三好康児、ポルトガル人記者が“欧州移籍”に太鼓判「通用する」「驚かない」

6/23(日) 18:20配信

Football ZONE web

ウルグアイ戦で2ゴールの大活躍、現地取材のポルトガル紙記者も三好に衝撃

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間20日のコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第2戦ウルグアイ戦で2-2と引き分けた。衝撃の2ゴールを挙げたMF三好康児(横浜F・マリノス)は一躍脚光を浴びる存在となったが、現地取材したポルトガル人記者が三好の“欧州移籍”に「十分通用する」「移籍しても驚かない」と太鼓判を押している。

【動画】「驚くべき一撃」と現地海外記者が絶賛! 日本代表MF三好康児、世界衝撃の“ドリブル突破弾”…2ゴールの大活躍 「日本×ウルグアイ」(2-2)ハイライト

 代表初先発の22歳アタッカーが鮮烈なインパクトを残した。17日のチリ戦(0-4)で途中出場し、ウルグアイ戦では4-2-3-1システムの右サイドハーフで先発を飾った三好が出色のパフォーマンスを見せる。

 前半25分、MF柴崎岳(ヘタフェ)のパスを受けた三好が右サイドから持ち運ぶと、相手を翻弄する華麗なドリブルから強烈な一撃をネットに突き刺して代表初ゴールをマーク。日本に先制点をもたらし、会場を大いに沸かせた。

 さらに1-1で迎えた後半14分、DF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)のクロスをGKフェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ)が弾き、嗅覚を発揮した三好が詰めて日本が再びリード。その後に追いつかれて2-2ドローに終わったが、三好は2ゴールでマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。

 海外メディアがこぞって三好を称賛したが、ポルトガル紙「A BOLA」の記者であるジョアン・モレイラ氏も衝撃を受けた1人だ。

 会場でそのプレーを見ていた同氏は感銘を受けた様子で、「今日の三好のパフォーマンスが、彼のなかで“ベスト”だったのかどうかは分からないけど、今夜の2ゴールで鮮烈なインパクトを与えたのは間違いない」と絶賛。そのうえで、三好の“欧州移籍”について次のように持論を展開した。

ポルトガル人記者がお墨付き 「例えばポルトガルのクラブに移籍しても…」

「三好の技術レベルであれば、例えばポルトガルのクラブに移籍しても十分通用するし、欧州クラブに移籍しても驚かない」

 ポルトガル紙の記者であるモレイラ氏は、三好のハイパフォーマンスを受けて、母国リーグでも十分通用するとお墨付きを与えている。また「この日の日本代表であれば、全員が欧州でプレーしていると言われても不思議には思わないだろう。誰もが欧州でやれるだけのクオリティーを見せていた」と続けた。

 一夜にして「MIYOSHI」の名前は世界に轟いたなか、2ゴールに「衝撃を覚えた」というポルトガル人記者は、三好に“欧州移籍”の可能性を感じ取ったようだ。

Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki

最終更新:11/14(木) 13:43
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事