ここから本文です

元ドイツ代表バスラー氏が50歳で“現役復帰”。8部クラブで息子と共演へ

6/23(日) 23:01配信

フットボールチャンネル

 かつてバイエルン・ミュンヘンなどでプレーした元ドイツ代表のマリオ・バスラー氏が、50歳での“現役復帰”を果たすことになった。独紙『ビルト』などが伝えている。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(10位~1位)

「スーパーマリオ」の愛称で知られたバスラー氏は1987年にカイザースラウテルンでデビューし、ヘルタ・ベルリンやブレーメン、バイエルンなどでプレー。1995年にはブレーメンでブンデスリーガ得点王にも輝いた。ドイツ代表としてはEURO96の優勝メンバーの一員でもあった。

 1999年にはバイエルンでチャンピオンズリーグ決勝にも出場。マンチェスター・ユナイテッドの劇的な逆転勝利で「カンプ・ノウの奇跡」として語り継がれる試合だが、前半6分にバイエルンの先制点を挙げていたのがバスラー氏だった。

 再加入したカイザースラウテルンを2003年に離れたあと、カタールで1年間プレーして一旦現役を引退。その後はドイツ下部リーグの複数クラブで監督やディレクターを務めつつ、選手として断続的にプレーすることもあった。今回は8部相当のリーグで戦うTSGアイゼンベルクに加入してプレーを再開することが決まったという。

 同クラブにはバスラー氏の息子モーリスも在籍しており、親子で共演することが見込まれている。バスラー氏は「選手兼アドバイザー」としてクラブに加入するとのことだ。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:6/23(日) 23:01
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事