ここから本文です

【アメフト】関東高校春季大会 法政二高を下して佼成学園が3連覇

6/24(月) 8:14配信

ベースボール・マガジン社WEB

第45回関東高校アメリカンフットボール大会は6月23日に東京都調布市のアミノバイタルフィールドで決勝が行われ、佼成学園が法政二高を39-21で破り、3連覇を達成した。佼成学園の公式戦の連勝は45となった。3位決定戦では、知徳が立教新座を25-14で下した。

【この記事の全ての写真】関東高校アメリカンフットボール春季大会 決勝&3位決定戦

RB北原がランとパスで3TD

 佼成学園は、エースRBの北原健作が躍動した。ランで178ヤード2タッチダウン(TD)、パスレシーブで41ヤード1TDと奮闘すると共に、ディフェンスが3インターセプトと法政二高の攻撃の止めて快勝した。

 最優秀ラインマン賞には佼成学園の#5須藤吏揮、最優秀バックス賞には佼成学園#6北原健作、敢闘賞には法政二高の#7三原優也が選ばれた。

法政二高 0  7  7  7  21
佼成学園 0 14 12 13 39

3位決定戦は、知徳が立教新座を下す

知  徳 06 6 1325
立教新座 014 0  0 14

アメリカンフットボール・マガジン編集部

最終更新:6/24(月) 8:14
ベースボール・マガジン社WEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事