ここから本文です

【ル・マンに挑んだ日本車 03】 1998年に星野一義をはじめ日本人トリオで総合3位に入った「日産 R390 GT1」

6/24(月) 18:30配信

Webモーターマガジン

最強のライバルに囲まれるも健闘

東京・ベイエリアのクルマのテーマパーク、メガウェブでは2019年7月8日(月)まで「ル・マンに挑んだ日本車」と題して、特別展示を実施中だ。ル・マンに挑んだ日本車の中から、エポックメイキングなモデルを4台紹介していこう。今回は1997年の「日産 R390 GT1」だ。

【写真】あのシーンが蘇る。日産 R390 GT1をもっと見る

1990年代後半のル・マン24時間レースは、GTのトップカテゴリーでは市販車とはかけ離れた実質的なプロトタイプカーでの戦いとなった。

1994年に規定されたLM-GT1クラスでは「レース仕様車以外に市販用ロードカーが1台でも製作されていれば車両公認を与える」となったのだ。

そんな中、1995年のル・マンではマクラーレンF1が優勝。ドライバーのひとりは関谷正徳で、日本人初のル・マン総合優勝者となった。

そこで日産は1997年からR390 GT1を投入、トヨタは1998年から「TS020」で必勝を期した。

だが、ヨースト・レーシングのプロトタイプレーシングカーWSC95(1996、1997年優勝)やポルシェ911GT1(1998年優勝)、BMW V12 LMR(1999年優勝)といった最強のライバルたちの牙城を崩すことはできず、日産 R390 GT1は1998年の3位、TS020は1999年の2位が最高位だった。

ここで紹介しているR390 GT1は、1990年限りでグループCカーでの参戦を取りやめ、1995年から市販車ベースのニスモGT-R LMでル・マンを戦っていた日産が、総合優勝を狙って開発したGT1マシンだ。

初戦の1997年は12位にとどまったが、翌1998年にはマシンを改良して抜群の安定性を見せ、星野一義/鈴木亜久里/影山正彦の乗るマシンが総合3位に輝き、出走した4台全車が10位以内で完走してみせた。

日産 R390 GT1 主要諸元

年式(参戦年):1997年
全長×全幅×全高:4585×2000×1090mm
ホイールベース:2720mm
車重:1000kg以上
エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ
排気量:3495cc
最高出力:478kW(650ps)以上
ドライバー:星野一義(日本)、E.コマス(仏)、影山正彦(日本)

Webモーターマガジン

最終更新:6/24(月) 18:30
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ