ここから本文です

カワサキ ニンジャZX-10R SE 試乗インプレッション[最新電サス兄弟の実力を探る! #02]

6/24(月) 17:42配信

WEBヤングマシン

梅雨の電サスまつりだ!?

前回の『ニンジャH2 SX SE+ vs SE 比較試乗』に続き、カワサキが新投入した「電子制御サス」採用のスーパースポーツ・Ninja ZX-10R SEをテストする。同じく雨の中のテストで見えてきた、スーパースポーツ+電サスのメリットとは?

【写真をまとめて見る】

テスター:丸山 浩(まるやま・ひろし)

ご存じ本誌メインテスター。実は日本一周の経験があるツーリング好きで、ヤマハFJR1300のオーナーでもある。それだけに電サス仕様への興味は満々だ!

KAWASAKI Ninja ZX-10R SE 2019

スーパーバイク世界選手権4連覇中の最強マシンが10R。SEは’18年型で導入された同社初の電サス仕様だ。改良された’19年型にも設定され、国内仕様も登場。●価格:265万6800円 ●色:灰×艶消し灰

走行中もメカニックが隣でセッティングしてくれる感覚

電サス仕様のSEは、サーキットからツーリングまで幅広いシーンで10Rの真価を発揮させることを目的に開発。昨年オートポリスで行われたZX-10RRの試乗会で開発者が「自信作」と言っていたので試乗を楽しみにしていた。

元々10Rは、スーパーバイク参戦マシンにしては扱いやすさが特徴。エンジンは全域でトルクが厚く、乗り味がスムーズだ。ハンドリングも安定志向かつ自由度が高く、とにかく乗りやすい。ライバルは特に街中だともっと過激に感じるけど、10Rは例外。サス設定も標準ではそれなりに硬めだが、リッタースーパースポーツとしては柔らかい部類だ。

SEの電サスは、ストリート向けのソフトな「ロード」、サーキット向けの硬質な「トラック」、任意設定の「マニュアル」を停止時に選択可能。ロードだと「本当にSSなの?」と思えるほど足が動く。ただでさえ扱いやすい10Rの乗り心地が一段とアップするのだ。姿勢変化に富み、特に街中の低速レンジではフワフワと快適に乗せてくれる。

さらに速度を上げるとダンパーが効き、強くブレーキングすれば瞬時にノーズダイブを抑えてくれる。荒れた路面のコーナリングでも安定感があり、電サスの恩恵を感じることができた。このロードモードだけで、街乗りや峠は十分カバー可能。ストリートにも似合う10Rのキャラクターと電サスとの相性は抜群と言っていい。

サーキットではテストしていないが、有効な場面はあるはず。例えば鈴鹿サーキットの東と西コースでは速度域が変わってくるが、自動制御してくれるのはメリット。メカニックが常に隣にいてセッティングを出してくれる感覚だ。また、タイヤが温まるまでの数ラップは、足が柔らかい方がいい。自動でサスを硬めてくれるので、そのままタイムアタックに入ることも可能だ。

もちろん場所を限定すれば手動調整式でOKだし、シビアな速さを求める場合、電サスは重量増(STDとRR比で2kg増)がネガになる。それでも公道でSSを楽しむユーザーは昔から存在する。普段乗りならサスがガチガチじゃない方がいい。電サスによって、ステージに合わせて逐一手動で調整しなくて済むのは大きなポイントだ。

本気で性能を追求したRR、様々な用途で使えるSEと、STDから二極化したトップモデルが選べるのは実に面白い。使い道が限られる本物のSSを普段から満喫したい。そんな欲求を叶えてくれるのがSE。自走で午前中にサーキット走行で汗を流し、午後は優雅にツーリングを楽しむ。そんなオトナな使い方がよく似合う。

1/2ページ

最終更新:6/24(月) 17:42
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年08月号
6月24日発売

定価880円(税込)

スクープ:KAWASAKI Ninja ZX-25R
特集:4気筒250cc再び
別冊付録その1:キャンツー超入門
別冊付録その2:WORKMAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事