ここから本文です

マツダ 3は見た目もいいが、走りもいい。試乗でわかったその理由とは?

6/24(月) 21:12配信

GQ JAPAN

2019年5月に登場した「マツダ 3」に早速試乗した。クローズド・コースでの試乗であったが、魅力的な動力性能を十分に味わえた。

【写真を見る】人間の身体を考えた乗り味とは?

頭の揺れを最小限に抑えた乗り味

欧州車好きも注目しているのが、最近のマツダ車だ。ルノーに乗る知人がこのあいだ、「マツダ 3」に興味をもってショールームまで出かけたと言っていた。そのあと、クローズドのコースで先行試乗できた私は、彼に告げた。「迷わず買っても後悔しない」と。

2019年5月24日に販売開始された全長4.5m前後のミドルサイズ・ファストバックおよびセダンが「マツダ 3(スリー)」だ。「新世代商品の第1弾として、あえて車名にマツダの名を入れました」と、メーカーの広報担当者は述べる。また、開発担当者は口を揃えて「自信作です」と言う。

その言葉にウソはないと思う。美しいスタイリングに注目が集まりがちであるものの、走行性能が徹底的に磨かれているのもポイントだ。その成果は、走り出してすぐわかった。

マツダの開発者は、人が歩くとき、からだの揺れや脚からのショックをすべて骨盤がうまく吸収し、頭の揺れを最小限に抑えているところに注目したという。それがどんな関係があるのか不思議に思いながら試乗に臨み、運転したら、すごかった。

すごいというのは、まさに姿勢がビシっとして、どんなふうにクルマを動かしても、運転している自分の上体がふらつかないのだ。

車体のロール制御もよくチェックされている。ステアリングホイールを切ったときはロール角を抑制するとともに、ロールスピードをゆっくりと、「人間の感覚に合うように設定したました」と、開発主査の別府耕太氏が説明したとおりだった。

あわせてシートは、脊髄がきれいなかたちになるよう設計されたという。これもまた、上体が揺れないために重要なポイントとのこと。

さらに、アクセルペダルを意のままに踏み込んでいけるよう、人間の筋肉の動きに注目して加速カーブを作ったという。これもまた、運転していて納得がいく操縦感覚だった。

なにより感心するのは、乗り心地のよさだ。車体の剛性の高さはすぐに感じられるいっぽうで、振動や車体の上下動に唐突さはなく、スーっと、水の上を滑るように動く。これが走り出したときに、なにより感心されられた部分だ。

静粛性が高いのも魅力だ。音が入ってこないよう、ボディパネルの隙間を出来るだけふさいだのと同時に、音のこもりを逃がす設計にしたという。また、サイドウィンドウのガラス厚をやや厚くし、同時にガラスを支えるゴムの材質も見直し、ガラスが振動で音をたてないようにしたとのことだ。それなりのスピードでも、室内は静かだったし、不快な音も感じなかった。

1/3ページ

最終更新:6/24(月) 21:12
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事