ここから本文です

「まさかのオチ」 ペットでも、ぬいぐるみでもない“猫”をかわいがる娘の漫画が話題

6/24(月) 7:10配信

オトナンサー

“猫”に話しかける娘の様子を描いた漫画がSNS上で話題となっています。遊びに誘ったり、驚かせたことを謝ったりと、「ねこちゃん」をかわいがる2歳の娘。しかし「ねこちゃん」の正体はペットやぬいぐるみではなく…という内容で「かわいい」「ほっこりしました」「まさかのオチ」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

【漫画】本編を読む

「ねこちゃん」を見ると必ず話しかけて…

 この漫画を描いたのは、主婦のchicoma(ペンネーム)さんです。インスタグラムでは、2歳の娘の子育て漫画を発表しています。

Q.漫画を描き始めたのは、いつごろからでしょうか。

chicomaさん「娘が生まれて少し落ち着いた約2年前、娘や夫との日常を残したいと思い、描き始めました」

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

chicomaさん「このねこちゃんを見ると必ず話しかけてきてくれていて、その姿がとてもかわいくて面白かったので、漫画にしました」

Q.娘さんは、ぬいぐるみ遊びが全般的に好きなのですか。

chicomaさん「興味の無いものには全くですが、基本的には好きみたいです」

Q.「ねこちゃん」の声は、いつもママが担当されているのでしょうか。

chicomaさん「そうです。ねこちゃんになりきってお話ししています(笑)」

Q.「顔」がついているものには、何でも話しかけているのですか。

chicomaさん「人形やテレビ番組の犬猫、赤ちゃんにはよく話しかけていますね。最近は顔がついていなくても、例えば私の足に向かって『あんよー! どーしたのー?』など。娘のかわいらしい行動にただただ癒やされています」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

chicomaさん「『かわいい』『ほっこりしました』というご感想のほか、『オチで思わず突っ込んだ』などのコメントを頂きました」

Q.創作活動で今後、取り組んでいきたいことは。

chicomaさん「今後も変わらず、娘のことや家族のことなど日常のエピソードを発信していきたいです。また、なれ初めや出産レポのような長編の漫画も描いていきたいと思っています」

オトナンサー編集部

最終更新:6/24(月) 18:17
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

「ライフ」「漫画」「エンタメ」の3カテゴリーで、暮らしに話題と気づきをお届け!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事