ここから本文です

【MLB】田中将大を救った 怪物ジャッジの“超絶キャノン”に米騒然「これ以上の完璧送球ない」

6/24(月) 9:25配信

THE ANSWER

二塁打性の当たりを悠々アウトに…「なんて送球だ!」の声

 米大リーグのヤンキース・田中将大投手は22日(日本時間23日)、本拠地アストロズ戦に先発。6回2失点と力投した。勝ち星こそ付かなかったが、マウンド上の右腕を支えたのは、右翼手アーロン・ジャッジの超強肩だ。二塁打性の当たりを凄まじい送球で二塁アウトに。田中を救った実際の瞬間をMLBが動画付きで公開し、「これ以上の完璧な送球はない」とファンを驚かせている。

【動画】田中将大を救った! 「これ以上の完璧な送球はない」と米騒然、ほぼノーステップなのに…怪物ジャッジが演じた“超絶キャノン”の実際の瞬間

 田中を救う美技は、怪物らしい肩から生まれた。この回に2ランを浴びて2-2となった6回2死、スタッシが放ったライナー性の打球は右翼線に飛び、フェンスに到達。クッションボールを処理したのが、右翼手のジャッジだった。通常なら二塁打は間違いない場面。当然、打者は二塁を狙う。しかし、怪物は規格外だった。

 拾い上げて振り返ると、軽いステップで右腕をぶん回した。放たれた送球は体勢とは反比例するような力強さ。凄まじいスピードで二塁へ到達。ノーバウンド、しかも完璧なストライク送球だ。頭から滑り込んだスタッシは悠々とアウト。信じられないようなプレーに、目の肥えた本拠地のNYファンも騒然となっていた。

 MLB公式インスタグラムは「これもジャッジが阻む」とつづり、実際のシーンを動画付きで公開。目の当たりにした米ファンからも喝采が沸き起こっている。

「これこそが、彼がオールスターのファイナリストに残る理由」と喝采

「完全なレーザー」
「これこそが、彼がオールスターのファイナリストに残る理由」
「最高の右翼手」
「なんて送球だ!」
「なんで彼の送球はすべて完璧なんだ?」
「これ以上の完璧な送球はない」
「キャノンだ」

 コメント欄は、このように反響の声が広がっていた。右翼が狭いヤンキースタジアムだからできたという声もあったが、それでも強肩ぶりは際立っている。打っても凄まじい飛距離の本塁打を連発し、守っても“ジャッジキャノン”で躍動する。らしさ溢れるプレーでチームを盛り立てた。

THE ANSWER編集部

最終更新:6/24(月) 9:56
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事