ここから本文です

街コンブーム再来は本当か?高卒20代男性が卓球コンパに参加してみた

6/24(月) 8:46配信

bizSPA!フレッシュ

 マッチングアプリ全盛の昨今、昔と比べ、異性と出会うチャンスが格段に増えたことは言うまでもない。

 だが顔の見えないやり取りでは自ずと「勤め先」「収入」「学歴」といったデータが重要となり、“持たざる者”が不利になるのは、火を見るより明らかだ。そんな中、数年前にブームとなった「街コン」に、今再び注目が集まっているとの情報を耳にした。

 とくに女性の参加者が増加しているようで、都内の街コンでは男性の供給不足が起きているという。

20代男性記者が街コンに参加してみた

 私事で恐縮だが、筆者は26歳だ。正社員ではなく、俗にいう非正規の身分で働いている。20代といえば、冒頭に書いたマッチングアプリを使って恋愛をスタートさせる男女が多く、私の周りでもそんな話をよく聞く。

 だが最近、気が付いた。「マッチングアプリですげぇ可愛い子捕まえちゃってさー」「ペアーズで彼女できた! 女子大生だよ」などとふざけた自慢をしてくる輩の9割は正社員で、そこそこ有名な大学を出ているのだ。おまけにボーナスまでもらっている。

 一方、非正規の私にボーナスなど当然なく、収入もマジで低い。あまり言いたくはないが、「最終学歴は高校卒」というダメ押しまである。記憶では2018年のロシアW杯を一緒に観ていた時に唐突にフラれて以降、彼女がいなかった気がする。

 そんなわけで「データが重要視されるマッチングアプリを使っても相手にされるわけがない」と自暴自棄に陥っていた。しかし、ここにきての街コンブーム再来の情報。とりあえず女性と会えて、そして話せるというチャンスを逃せるはずがない。というわけで、実際に参加してみることにした。

「卓球街コン」で親睦を深める!

 今回、筆者が参加したのは株式会社Rootersが主催する「卓球コン」。1人での参加が条件となっていたこともあり、「これならビギナーでも気軽に楽しめるのでは」と思ったことが参加の決め手に。しかも卓球ならば、面と向かって話をしなくとも、ごく自然に仲良くなれるのではないかというズルい考えもあった。

 そして街コン当日。会場は表参道という、これまで数回しか足を踏み入れたことのないオシャレな街。「表参道で卓球ってどうなんだ?」といった気持ちがあったことは正直なところだが、それだけに「可愛い子が来るんじゃないか?」の期待も高まる。

 受付を済ませ、部屋に案内されるが、まさかの一番乗りだった。できれば最後の方に余裕かまして入ってくる男を演出したいところだったのだが、それは叶わなかった。

 しかし、当日司会進行を担ってくれた女性スタッフ曰く、「街コンでは断然、会場に早く来る方が有利」という。理由はシンプルで、早く来た異性同士で会話ができるから。パーティーが始まる前から仲良くなっておけば、親密になる確率も上がるのは、うなずける。

1/3ページ

最終更新:6/24(月) 20:20
bizSPA!フレッシュ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事