ここから本文です

「なんで練習せなアカンねん」→急成長。 高校BIG4に匹敵する逸材出現

6/24(月) 7:17配信

webスポルティーバ

落合秀市(しゅういち)の「秀市」という名前は父・秀貴(ひでたか)さんの「秀」の字に、「人が集まる場所」という意味合いから「市」がつけられたという。

すでにプロ10球団がマーク。福井の公立校に最速145キロ左腕出現

 6月16日、立正大学熊谷キャンパスの野球部グラウンドで行なわれた和歌山東と鶴岡東の練習試合に、6球団18人のスカウトが集まっていた。なかには4人体制で見に来た球団、GM自ら足を運ぶ球団まで。神宮球場で大学選手権の準決勝が繰り広げられているなか、高校野球の練習試合にこれだけのスカウトが押し寄せるということは、それだけ本気で確認しなければならない選手がいるということの証でもあった。

 その試合後、スカウト陣の「お目当て」だった高校生右腕は、苦笑してこう吐き捨てた。

「ホンマにダメです。こんなにボコられたの、高1とかそれくらい以来です」

 身長185センチ、体重90キロの大きな体。マウンドではいかにも気の強そうな顔に見えたが、目の前にくると不思議と愛嬌のある顔つきに見えてくる。

 この日、和歌山東の先発マウンドに立った落合秀市は初回に満塁ホームランを浴びるなど、7回を投げて被安打11、8失点と打ち込まれた。相手の鶴岡東は今春の山形チャンピオンであり、全国でも有数の強打線である。落合はスカウトのスピードガンで自己最速タイの147キロを計測したものの、ストレート・変化球とも抜け球が多く、集中打を浴びた。

 しかし、グラウンドを後にするスカウト陣の顔に落胆の色は見えなかった。あるベテランスカウトは、にこやかな表情でこう言った。

「力があるのは十分にわかったから」

 落合の名前がクローズアップされるようになったのは、ごく最近のことである。なかにはスカウトのコメントとともに「高校BIG4に匹敵する素材」という新聞報道もあった。

 高校BIG4とは、佐々木朗希(大船渡)、奥川恭伸(星稜)、西純矢(創志学園)、及川雅貴(横浜)の4人である。スケール面で突出した佐々木を別格としても、残る3人もそれぞれに個性があり、ドラフト上位指名が確実視される逸材である。

1/4ページ

最終更新:6/24(月) 7:17
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事