ここから本文です

企業のパンプス着用の義務付けはアリか?広がる「#KuToo」

6/24(月) 16:30配信 有料

WWD JAPAN.com

フォーマルな場と言えば英国王室だが、女優のエマ・トンプソンは昨年、バッキンガム宮殿でウィリアム王子からデイムの称号を授与される式典にスニーカーで登場し賛否両論を呼んだ PHOTO : PA IAMGE/AFLO

 「#KuToo」運動をきっかけに世間の目が「靴」に集まっている今、ファッション業界としてはこれを好機ととらえ、新しいニーズと売り上げを貪欲に取りにいきたい。ただしそれは単純に「足に優しいパンプスをもっと打ち出そう」という話ではない。“フォーマルと靴”“社会通念と靴”といったジャーナリスティックな切り口は売り場提案にもつなげられる。いや、むしろ売り場という名のメディアでこそ、具体的な提案ができる、そしてするべきトピックスだと思う。(この記事はWWDジャパン vol.2089からの抜粋です) 本文:2,127文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:6/24(月) 16:30
WWD JAPAN.com

おすすめの有料記事

もっと見る