ここから本文です

ホルムズ海峡の日本タンカーは、なぜ狙われたのか?

6/24(月) 6:20配信

週プレNEWS

いったい誰が、なんの目的でやったのか?

日本の現職首相として41年ぶりにイランを訪問した安倍首相が、最高指導者ハメネイ師と会談した6月13日。ペルシャ湾の出口に当たるホルムズ海峡で、日本の海運会社が運航するタンカーが何者かに攻撃され爆発・炎上した(乗員は全員無事)。明らかに首脳会談を台無しにするタイミングを狙ったテロ行為だ。

【画像】アメリカが公開した犯行時の映像

アメリカはこれをイランの犯行と断定し、その証拠だとする衛星動画・写真を公開。イスラエルのネタニヤフ首相もイランの犯行だという認識を示した。しかし、ドイツやフランスは犯人の断定を避けており、一部ではアメリカの自作自演説まで出回るなど、さまざまな解釈が乱れ飛んでいる。

まずは攻撃方法から分析してみよう。各国の空海軍に精通するフォトジャーナリストの柿谷哲也(かきたに・てつや)氏はこう語る。

「衝突防止の観点から、大型の船舶には必ずAIS(船舶自動位置通報装置)が備わっていて、船名、船舶管理者、出発地、目的地、現在位置をネットで調べることができます。犯人はこれでタンカーの位置を特定したのでしょう。

ただし、AIS情報だけでは日本企業が関わっていることまではわからない(今回攻撃を受けた1隻はパナマ船籍)。そのため、事前に積み出し港で偵察が行なわれていたはずで、小規模なテログループによる犯行とは思えません。

攻撃を受けた船尾と中央舷側にはほぼ同じ高さにふたつ穴が開いていました。有線誘導式対戦車ミサイルにしては精度が高すぎるので、攻撃手段は磁石式吸着機雷だと思います。米軍が撮影した画像を見ると、犯人のボートは全長約12m。船外機(エンジン)2基、船室屋根に長さの異なるアンテナ3本、水上レーダーが装備され、夜間高速航行も可能です。

これはイラン革命防衛隊海上部隊の標準装備で、現場から70kmほど離れたジャスク基地、200kmほど離れたチャバハール基地に似たようなボートが配備されています」

1/2ページ

最終更新:7/2(火) 18:25
週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週プレNEWS

集英社

No.30
7月13日(土)発売

特別定価440円(税込)

山本太郎とれいわ新選組は参院選の大穴とな
るか/プロ野球後半戦のキーマンは?/“も
らえる年金”はいくら?【グラビア】小島瑠
璃子/傳谷英里香/塩川莉世/牧野澪菜 他

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事