ここから本文です

野村克也が語る「連敗」

6/25(火) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

投手力が充実していればそうそう連敗はないはずだ

6月2日、DeNA戦で勝利し、連敗を16で止めたヤクルト/写真=大賀章好

 ヤクルトが16連敗の泥沼から抜け出して、はや2週間超。連敗するのは簡単だが、連勝は難しいのだなとあらためて思わせる戦いが、その後も続いている。●○●……とまるでオセロのようだ。

 16連敗は、セ・リーグのワースト記録タイ。4月半ば過ぎまでは好調で、ほぼ首位の座を守っていたのに、16連敗で首位・広島に12.5ゲームもの差をつけられた最下位。今(6月13日現在)、かろうじて10.5ゲーム差まで前進している。

 私は貧乏性で、最下位の弱いチームばかり率いてきた。だから連敗なんてお手のものだったと思うのだが、さすがに16連敗まではなかったな。連敗中、小川淳司監督は「“不思議の勝ち”でも欲しいよね」と言っていたそうだ。私が監督時代、座右の銘としていた「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」からの引用だとしたら、ミーティングの内容を覚えていたのか、はたまた本を読んだのか。

 勝ったからといって、何もかもうまくいったと思って慢心してはいけない。なぜならそこには負けにつながる要素も必ず潜んでいるはずだからだ。一方、負けたときには必ず負けた理由、要因がある。勝っても負けても、必ず慎重に振り返り、反省し、今後の試合に備えなさいということだ。

 では、野球で大連敗する要因は何か・・・ 本文:1,911文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:6/25(火) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る