ここから本文です

交流戦で獅子奮迅、DeNAブルペンを支えるエスキー

6/25(火) 11:03配信

週刊ベースボールONLINE

 まさに獅子奮迅の働きだった。交流戦18試合中、リリーフで12試合に登板し、3勝1敗7ホールド、防御率2.53。6月22日の楽天戦(横浜)では、前日までの5連投を考慮され、20日にリリーフで4イニングを投げた国吉佑樹とともに休養日を与えられるほどのフル回転で、5年ぶりの交流戦勝ち越し(10勝7敗1分)に貢献した。

【動画】エスコバー、失点を喫するも劇的な満塁弾で勝利!

 印象深かったのが19日の日本ハム戦(横浜)だ。同点の9回にマウンドに上がり四球と安打で無死一、二塁とすると、ラミレス監督から直接発破をかけられた。そこから遊飛、空振三振、空振三振でピンチを脱出。一死で迎えた六番・渡邉諒は160キロの直球でねじ伏せた。

 交流戦終了後、ラミレス監督が打率3割をマークした神里和毅と並んで、投打のMVPに「多くの試合で投げてくれた。ブルペンに彼がいたのが非常に大きかった」とエスコバーの名前を挙げたのも当然と言えた。本人も「自分では“このイニングが役割だ”というのがないタイプ。どんな状況でもマウンドに上がることができるし、それが強みだと思っている」と力強く語る。

 試合前にはズシリと重い約2キロのトレーニングボールを用いて、ウォーミングアップ。ブルペンでは同僚パットンが用意するハイチュウを頬張り、口癖は山崎康晃に教えてもらった「オトコハ ダマッテ ナゲルダケ」。

 チームメートからは「エスキー」と呼ばれ愛される剛腕左腕の存在は、とてつもなく大きい。

文=滝川和臣 写真=井田新輔

週刊ベースボール

最終更新:6/25(火) 11:45
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事