ここから本文です

『あいのり』でっぱりんは桃に続くネットセレブになれるか

6/25(火) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 近年、ネットを活動拠点として職業にする人が激増した。ブロガーから始まり、今やYouTuberは子供が将来なりたい人気職業に数えられている。『あいのり』(フジテレビ系列)出演で人気者となった桃が芸能人ではなくブロガーになってから10年が経った。後継番組『あいのり Asian Journey』(Netflix)で一躍、時の人となった“でっぱりん”はブログ、Twitter、Instagramに加え、先頃、カップルでYouTuberデビューした。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、『あいのり』シリーズ出身者のネットでの存在感について考えた。

【写真】「でっぱりん」ほか、番組の公式サイトで紹介されているあいのりメンバーたち

 * * *
 現在、ネットテレビ業界で最も人気を集めるコンテンツがリアリティショーである。

 高校生が出演する『オオカミくんには騙されない』(AbemaTV)、オシャレな生活っぷりが魅力の『テラスハウス』、アジアを男女7人で旅をする『あいのり Asian Journey』(ともにNetflix)、1人の男性を20人の女性が奪い合う『バチェラー・ジャパン』(Amazonプライム・ビデオ)などなど、各動画配信サービスで制作されている。

“恋愛”をキーワードに私生活を公表し続けるリアリティショー、なまじな覚悟では参加できない。常時、カメラが回っているため、建前を演じ続けることは難しく、人として嫌な部分が映ってしまうこともある。これらの理由から出演者がSNSで非難されることも多い。

 ただ、制作陣にとっては苦情を集めるトラブルメーカーこそ創作の女神ミューズだ。リアリティショーとは、人間性を疑われる人ほど映る機会が多い皮肉な舞台。クセがない人が出演しても埋もれる。難儀な性格が評価にも非難にも繋がる。出演すれば間違いなく面倒なことになるが、出演を希望する人が後を絶たないのはデメリットを超えるメリットがあるからだろう。

 そもそも出演者といっても、タレントと素人の境界線上にいる人が多い。誰もが番組をキッカケにメジャーになることを期待。また、出演時は素人であっても虎視眈々と“何者か”への転身を狙っている。

1/4ページ

最終更新:6/25(火) 17:15
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい