ここから本文です

思わぬケガは実は家の中でする犬が多い!?  気をつけたい4つのポイント

6/25(火) 21:35配信

いぬのきもち WEB MAGAZINE

犬の事故や怪我は、室内の思わぬ場所でも起こってしまうことがあります。

愛犬が、転倒や落下で怪我をしないか、他にも命に関わる危険が潜んでいないか、家の中をチェックしてみてください。

【関連記事】それは盲点だった…犬が拾い食いしやすいものとそのリスク

室内で注意すること①:家具からの落下

小型犬は骨が細いので、わずかな段差や思わぬ落下で骨折をすることがあります。

愛犬が元気にピョーン!とソファーやベッドなどの家具に飛び乗る・飛び降りる習慣がある場合は注意しましょう。

特に、チワワやトイプードル、イタリアングレーハウンドなどの犬種は、椅子の高さからジャンプしただけで骨折する可能性があります。

対策

家具の配置を変える、家具に飛び乗らないようにステップをつけるなど、できるだけ犬にジャンプをさせないようにしましょう。

室内で注意すること②:窓やベランダでの転落

想像したくありませんが、窓やベランダからの転落事故には注意しましょう。小型犬は体が小さいのでベランダや窓などの柵を通り抜けて落下する危険があります。

対策

万が一のために犬をベランダに出さないようにするか、転落防止柵を設置しましょう。

室内で注意すること③:階段での転落

階段から転落して骨折や脱臼をするケースもあります。特にシニア犬や認知症の犬、過去に発作を起こしたことがある犬は注意が必要です。

対策

階段の近くに行かせないようにするか、転落防止のゲートを設置するとよいでしょう。

室内で注意すること④:フローリングでの転倒

お部屋で走ったり遊んでいるときに転んでケガをするケースも多いです。

特にフローリングの床は犬にとって滑りやすく、骨折や脱臼を起こすことがあります。

対策

転倒防止のフローリングやマットを敷いて滑りにくくする、犬の足裏の毛をカットする、フローリングの上で急に走り出すような激しい遊びを控えるのも対策となります。

他にも家の中は危険がいっぱい

他にも室内での誤飲、熱中症、ヒーターやコタツによる低温やけど、電化製品のコードを噛んでしまい感電、子供が犬を抱っこした際に暴れて落としてしまうなど、家の中でも犬の命に関わる危険がたくさんあります。

日頃から犬と安全に暮らすための生活環境を整えて、思わぬ事故が起こらないようにしましょう。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

いぬのきもちWeb編集室

最終更新:6/25(火) 21:35
いぬのきもち WEB MAGAZINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

いぬのきもち

株式会社ベネッセコーポレーション

最新号を毎月10日前後に
ご自宅にお届けします

1,111円

愛犬のしつけ、健康など、役立つ情報満載。
調べてもはっきりしなかった疑問に専門家が回答!
雑誌&付録を毎月ご自宅にお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ