ここから本文です

「ブラック労働」必至の英首相になぜなりたがる?

6/25(火) 15:51配信

ニューズウィーク日本版

<歴代米大統領にサイコパスの特徴>

アメリカの歴代大統領の何人かには、サイコパスの特徴がみられるとの記事を読んだことがある。例を挙げれば、彼らは普通の人が感じるようなストレスにも動じず、自らの地位が脅かされない限りは嫌われることもいとわず、もっともらしく嘘をつき(なぜなら良心が痛まないから)、断固とした姿勢でリスクを取る(なぜならその状況を楽しんでいるし、結果を心配し過ぎたりしないから)。

要は、サイコパス的要素は一般的には悪いものだが、良い方向に生かすこともできる、ということだ。フランクリン・ルーズベルトもジョン・F・ケネディもロナルド・レーガンも皆、サイコパス「検定」のスコアは高いけれど、偉大な大統領として記憶されている。

となると問題は、権力を追い求めるという点で政治家が普通の人々とは違う、ということではなく、その権力が良い方向に向けられるかどうか、という点だ。権力に狂った独裁者は当然ながら悪いものだが、きちんと働く抑制と均衡のシステム下にいる権力欲旺盛な政治家は、望ましいものになり得る。

保守党党首選を見てみると、同僚議員や党員やメディアや国民が注視するなかで、意欲ある人々が競い合っている様子が分かる。次期首相になる人を僕たちみんなが気に入ることはないかもしれないけれど、彼は容赦なく品定めされる。せいぜい彼には次の総選挙が行われるまでの間、首相にふさわしい人物であると自ら証明するための時間が与えられるわけだ。

コリン・ジョイス(ジャーナリスト)

2/2ページ

最終更新:6/25(火) 17:57
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-8・27号
8/20発売

460円(税込)

【特集】香港の出口
拡大する香港デモは第2の天安門事件に? 中国「軍事介入」の可能性とリスク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事