ここから本文です

除湿剤より効果的!お金をかけずにクローゼットの湿度対策

6/25(火) 20:50配信

ESSE-online

湿気が多い梅雨どきは、カビやダニ、悪臭などが発生しがち。そこで、家事代行サービス「タスカジ」のカリスマ家政婦ステラさんに、クローゼットの湿気対策を教えてもらいました!

湿気がたまりやすいクローゼットはカビやにおいの原因に

ホコリと湿気がたまりがちな場所といえば、クローゼット。
「中をパンパンにしておくと通気が悪くなり、カビやにおいの原因になります。最初に不用品を処分してから、湿気対策をしましょう」

<服>ダメージを避けたいなら風通しが大事

●外出時は扉をあけ放しておく

ずっと扉を閉めていると、湿気がこもり、服にダメージが。外出時は扉をあけ放すなどして、風通しよくしておきましょう。
「除湿剤を置くよりも、扇風機やサーキュレーターで風を当てる方がずっと効果的です」

<バッグ>

1:やわらかい布で外側をからぶきする

しばらく使わないバッグは、中身をチェックしたあと、内側のゴミやホコリを取り除きます。
「そのあと、やわらかい布で外側をからぶきして汚れを落としましょう」

2:丸めた新聞紙をタオルでくるみカバンの中に入れる

型崩れを防ぐために、丸めた新聞紙をタオルでくるんだものを中に入れます。
「新聞紙をタオルでくるめば、インク移りの心配もナシ!」

3:不織布カバーに入れクローゼットで保管

100円ショップなどで購入できる不織布カバーに入れ、湿気の少ない上の方の棚に置いて保管を。
「ビニール袋に入れると湿気がこもってしまうのでNGです」

●そのほか、湿度をためこまないコツは?

・部屋の湿度を60%以下に保つ

湿度が60%を超えると、カビやダニの繁殖力がアップしがちです。また、細菌も活発になりやすく、悪臭の原因に。これらのトラブルを未然に防ぐには、室内の湿度を60%以下に保つことが重要です。

・あちこちに湿度計を置き、まめにチェックを

湿度計は100円ショップでも購入できるので、家のあちこちに置いて室内各所の湿度をまめにチェック! どこの湿度が高いかを知って、適切な湿気対策をしましょう。

1/2ページ

最終更新:6/25(火) 20:50
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年7月2日発売号

¥558

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(8月号は特別定価558円)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事