ここから本文です

【QUINTET】5対5 アマチュアQUINTETで「道衣部門」がスタート!=8.25 東京武道館

6/25(火) 12:21配信

ゴング格闘技

8月25日(日)、東京武道館にて「Amateur QUINTET 2019 All Japan Championship」が開催されることが6月22日、QUINTETより発表された。

【写真】2012年9月のブラジリアン柔術チームvs七帝柔道・名大柔道部の対抗戦。QUINTETではサンボ衣の着用も可能。七帝柔道ルールともBJJルールとも異なるアマチュアQUINTETルールで道衣有り・無しの両部門の団体戦が行われる

2018年9月に行われたアマチュアQUINTET全日本大会には、約50チームが参加するなど盛り上がりをみせたが、今回から初の試みとして「道衣部門」も新設。これまでの「ノーギ(道衣なし)」アマチュアのチーム戦に加え、様々な道衣を着用した各チームが、5対5の勝ち抜き戦を行う。

着用できる道衣は組技で裂けることがないように刺し子のある道衣とされ、柔術衣、柔道衣、サンボ衣(下は柔道衣か柔術衣のズボンを着用)のいずれかの選択が可能となっている。

消極的と判断されるとパーテルポジションから再開されるなど、ルール等のレギュレーションはブラジリアン柔術と異なる部分も多い。大将同士の試合以外は判定がなく引き分け(両チーム、次の選手が出場)となり、ポイントがないなかで道衣ならではのガード等からの仕掛けに時間が掛かった場合は、フィニッシュに向かっていない膠着状態と判断されると、まず「アクション」の声がかかり、その後も膠着していると判断されると「指導」が入る(「指導」3回で「失格負け」)。

体重差も出てくる団体戦で、膠着せずに「分け役」「抜き役」はいかに戦うか。大将同士の試合となり決着がつかない場合は「ノーギ部門」同様に「指導」の数の少ない方が勝利。数が同じ場合はチーム全体の「指導」の数が少ない方が勝利となる。

出場者の募集はすでにスタートしており、大会当日は同所でIBJJF公式戦「第1回東日本柔術オープントーナメント」と同時開催となる。両大会へのエントリーも可能だが、試合のタイミングが重なる可能性があるため、注意が必要だ。

参加方法など詳細は、日本ブラジリアン柔術連盟のオフィシャルサイトに掲載されている。

1/2ページ

最終更新:6/25(火) 12:42
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年7月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】快挙! 世界二冠・堀口恭司とは何か?
■DJら対戦者が語るキョージ・ホリグチ
■「格闘兄弟」朝倉未来&海ほか
■魔裟斗×武居由樹/亀田が語る那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事