ここから本文です

フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

6/25(火) 16:03配信

ニューズウィーク日本版

<麗しいのは企業理念だけ>

一方、バージの記事によると、フェイスブックで非正規労働者の管理に当たる男性幹部はニュートン記者の取材を受け、増加している非正規労働者の生活水準を徐々に高めていきたいと返答し、同記者は、その対応に、ひとかたならない誠実さを感じたという。

フェイスブックのホームページには、同社の経営理念として、「人々にコミュニティー構築のパワーを与え、世界の絆を強めること」とある。「ユーザーはフェイスブックを使って友達や家族とつながり、世界で何が起こっているかを発見し、自分たちにとって重要な事柄を共有・表現する」と。

数々のスキャンダルで、収益のために個人情報の保護などをないがしろにしてきたことが報じられ、フェイスブックへの批判や解体論が渦巻く中、こうした建前を信じるユーザーは、もはやほとんどいないだろう。人工知能(AI)が微妙な判断を完璧にこなせるようになるまで、コンテンツ監視員はフェイスブックの評判を左右する重要な存在だ。さらなる逆風を食い止めるためにも、ザッカーバーグCEOの本気度が試されている。

肥田美佐子(NYマンハッタン在住ジャーナリスト)

3/3ページ

最終更新:6/25(火) 19:48
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-9・24号
9/18発売

460円(税込)

【特集】日本と韓国 悪いのはどちらか
終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事