ここから本文です

日焼け止めを塗ってもすぐに焼けてしまう5つの理由

6/25(火) 21:00配信

ウィメンズヘルス

日焼け止めは、”一度塗ったから安心だ”という単純なものではないとか。正しい日焼け止めの使用方法を知り、この夏は紫外線から肌をしっかり守ろう。
イギリス版ウィメンズヘルスが聞いた、皮膚科専門医の徹底解説。

外出して30分も経たないうちに、肩がもう赤い……。なかなかクオリティの高い日焼け止めを塗ってきたのに、こんなに早く焼けてしまうのはどうして? 日焼け止めを塗っているにもかかわらず、結局は毎年ヒリヒリや皮むけを経験することになる。あなたにも心当たりは? そこで今回は、専門家のハワード・ミュラド医師が解説する、紫外線対策に関する事実を紹介。

1. 日焼け止めを塗るタイミングを間違えている

日焼け止めが肌に完全に馴染み、紫外線をブロックする膜を形成するまでに塗布して30分はかかるとのこと。外に出かける直前に日焼け止めを塗っている場合は、完全に日焼けを防ぐことができないそう。

日焼け止めを塗った後、すぐに服を着替えている人は注意して。衣服でこすれると、せっかくの真っ白なスポーツブラに染みがつくだけでなく、日焼け止めの効果まで落ちてしまうよう。

2. 日焼け止めを塗る量が十分ではない

簡単に日焼けしてしまう主な理由は、単純に日焼け止めを塗る量が足りていないからだとか。

適正量でなければ、日焼けを防ぐことはできない。パパッと手足に塗っただけでは、形成された紫外線をブロックする膜を、長く維持できない。

「日焼け止めは、全身と顔に28グラムほど塗るのが目安です。外に長時間いる場合は、こまめに塗り直すことが大切です」と、ミュラド医師。

3. 汗をかいた後、日焼け止めを塗り直していない

プールやシャワーを浴びた後は、きちんと日焼け止めを塗り直せている人は多いけれど、汗をかいた後だけは忘れがち。

公園でランニングするときや、ビーチで汗をかいたときでさえ、ミュラド医師が言うように、汗の量を把握しながら、必要に応じてこまめに塗り直すことが大切。

ビーチで泳ぐなど、汗をかきそうなアクティビティを計画している日には、防水効果のあるウォータープルーフの日焼け止めがマスト。40~80分ごとに塗り直すと効き目は確実であると、ミュラド医師は提案している。

運動後にできるニキビを予防したい人は、オイルフリーの日焼け止めを使って。

1/2ページ

最終更新:6/25(火) 21:00
ウィメンズヘルス

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ウィメンズヘルス

ハースト婦人画報社

世界54カ国以上で愛される、
フィットネス&ライフスタイルメディア。
ワークアウト、フード、ウェルネスなどの
情報を毎日更新でお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ