ここから本文です

すっきり片づけて貯め上手に!お金を呼ぶキッチンづくり

6/25(火) 21:00配信

ESSE-online

毎日の食生活を支えるキッチン。その収納や使い方を見直すことがお金を貯める近道だと知っていますか?
すっきり使いやすく片づけられていることで、お金のプロが家計管理の要と断言する食費はもちろん、外食費や日用雑費、暮らし全体のお金の流れを整えられるんです。

出費を抑える! キッチンづくりの6つのポイント

3500人以上の家計を見てきたお金のプロ、家計整理アドバイザーの市居さんは「家計管理が苦手な人のお宅を訪問すると、総じてキッチンも散らかっています」と語ります。プロの目から見た、貯まるキッチンのポイントを教えてもらいました。

●ポイント1:余計なものがなくてすっきりしている

「お金が貯まりにくい家庭のキッチンは、ものであふれかえっています。ものが少なくシンプルな家ほど、貯め上手な傾向が」
ものが多すぎて、どこになにがあるかわからない状態は、重複買いの元凶になりムダな出費を招きます。

●ポイント2:ものの定位置が決まっている

置き場所がわからなくて探し回るなんてことはありませんか?
「脳は考えて決断をするたびに疲弊して正確な判断ができなくなり、お金の使い方も失敗しがち。どこになにがあるか考えなくても手に取れる仕組みが大事です」

●ポイント3:同じ用途のものは1種類だけ

「浪費グセのある人は、洗剤ひとつとっても、専門の用途のものをそろえがち。賢くお金を使える人は、重曹やクエン酸など多用途に使い回せるものを活用しています」
収納スペースも必要ないうえ、最小限の出費ですみます。

●ポイント4:冷蔵庫の中はいつも余裕がある

必要以上の食材をため込んだ冷蔵庫は危険サイン。食材の山の奥で、気づけば傷んでしまって食べられなくなるものも多々…。
「これでは冷蔵庫の中でお金を腐らせるのと一緒。食材の回転をよくするルールづくりで解消しましょう」

●ポイント5:ゴミ箱は1か所にまとめる

ものの定位置と同じで、ゴミ箱があちこちにあるのも脳を疲れさせる原因に。
「貯めている家は、リビングにはゴミ箱を置かずにキッチンに大きいものを置く、など工夫しています。手間を減らすことが時間とお金を生むことに」

●ポイント6:掃除グッズをスタンバイしている

ものをため込まず、すっきりした状態をキープするためにはこまめな掃除を習慣づけるのが効果的。
「フロアモップや、冷蔵庫や収納棚の中をさっとふける掃除用シートなど、ちょっとした掃除グッズを置いている家も多いです」

1/2ページ

最終更新:6/25(火) 21:00
ESSE-online

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ESSE

扶桑社

2019年7月2日発売号

¥558

『ESSE(エッセ)』は生活情報誌。家事、節約、収納、レシピ等のニュースを配信中!
(8月号は特別定価558円)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事