ここから本文です

この膝上グッズで、ソファ仕事の効率が上がる

6/25(火) 22:10配信

ライフハッカー[日本版]

iPadがシームレスにMacのサブディスプレイになる時代。2画面での仕事環境の持ち運びに活用したいのが、広めのタイプの膝上ワークステーションです。

【記事の全画像】この膝上グッズで、ソファ仕事の効率が上がる

Mac + iPadユーザーじゃなくても、Space deskやDuet Displayといったアプリを使えば、簡単にタブレットのサブディスプレイ化が可能になります。積極的に活用して仕事の効率を上げたいところ…。

『Pilot LapDesk』なら、どこでもデスクに近い環境が用意できます。

フリーアドレスやリモートワークでフル活用

フリーアドレス制やリモートワークなど、デスクに縛られないワークスタイルが広がってきていますが、『Pilot LapDesk』はそんな働き方を促進してくれそうなグッズ。どこでも快適な仕事環境が準備できます。

広いワークスペースで仕事の効率アップ

パソコン1つで仕事するのは可能ですが、なんだかんだいってもマウスを使うと生産性は上がります。

また、資料を広げたいとき、二画面での照合が必要なときには、広いワークスペースやサブディスプレイがあればベターでしょう。

『Pilot LapDesk』は、左右にタブレットやスマホが立てられます。快適にサブディスプレイの画面が見られるうえに、ワークスペースが広く使えるので、メモ帳やペン、マグカップといった必需品が置けます。

これなら万全の態勢で作業に臨めますし、ソファでも悠々と仕事ができそうですね。

通気孔が熱を逃がす

これからの季節、膝の上でのパソコン作業は熱が曲者ですが、膝上ワークステーションが断熱してくれます。さらに『Pilot LapDesk』なら熱を逃がす通気孔がついているので、仕事環境を涼しく保てそう。

『Pilot LapDesk』はAmazon.comなどから購入できて、価格は99.95ドル(約1万800円) + 送料18.93ドル(約2100円)となっています。

Image: Amazon.com

Source: Amazon.com, Space desk, Duet Display

山田洋路

最終更新:6/25(火) 22:10
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ