ここから本文です

大阪で初開催の「東レPPOテニス」に大坂、ケルバーが出場表明

6/25(火) 22:30配信

テニスマガジンONLINE

 1984年にスタートして以来、時代を象徴する世界の女子トッププレーヤーたちが熱戦を繰り広げてきた国内最大級の国際女子トーナメント「東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント」(以下東レPPOテニス)。第36回大会の今年は、大阪のITC靭テニスセンター(大阪市西区)で、9月14日(土)から22日(日)まで開催されることが決定した。

東レ パン・パシフィック・オープン2018 |トーナメント表

 今年は、2018年USオープンと2019年オーストラリアン・オープンを制して世界ランク1位を記録した大坂なおみ(日清食品/最新ランキング2位)と、元世界1位のアンジェリック・ケルバー(ドイツ/最新ランキング5位)がすでに出場を表明している。

 大坂は2016年、2018年と2度の準優勝を経験しており、その雪辱を日本のファンの前で果たせるか期待が高まる。

<大会概要>

大会名称◎東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント

略称◎東レ パン パシフィック オープンテニス

会期◎本戦 2019年9月16日(月・祝)~22日(日)、予選9月14日(土) ~15日(日)

会場◎ITC靭テニスセンター 大阪府大阪市西区靭本町2-1-14(靱公園内)

競技内容◎本戦シングルス28ドロー、ダブルス16ドロー

賞金総額◎75万7900ドル

サーフェス◎ハードコート(アウトドア)

放送◎株式会社WOWOW

主催◎東レ パン パシフィック オープンテニス 実行委員会

特別協賛◎東レ株式会社

特別後援◎公益財団法人日本テニス協会

後援◎大阪市

公認◎Women's Tennis Association(WTA)、International Tennis Federation(ITF)

協力◎関西テニス協会、大阪府テニス協会、日本女子テニス連盟、公益社団法人日本テニス事業協会、公益社団法人日本プロテニス協会

最終更新:6/25(火) 22:30
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事