ここから本文です

最強のBMW、「M8」が日本上陸! 0-100km/hは驚きの3.2秒!

6/25(火) 20:01配信

GQ JAPAN

BMWのフラグシップ・クーペ「8シリーズ」のハイパフォーマンス・バージョン「M8」が日本に上陸した。2000万円超のスーパーカーは、公道だけではもったいないほどの実力だ!

【写真を見る】FRモード搭載の4WDシステムも搭載!

カーボンファイバー製パーツを多数装着した内外装

2019年6月25日、ビー・エム・ダブリューの日本法人は、ハイパフォーマンス・クーペ「M8」の日本仕様を販売開始した。

M8は、8シリーズ・クーペをもとに、BMW M社がチューニングを施したハイパフォーマンス・モデルだ。

ボディは全長:4867mm、全幅:1907mm、全高:1362mm、そしてホイールベース:2827mmだ。カーボン・ファイバー製パーツを多数装着し、車両重量は2tを切る1960kgに抑えられている。

インテリアは、Mモデル専用のレザー・ステアリングやセレクター・レバー(Mのロゴ付き)、シート、メーターパネル(フルデジタル)などが特徴だ。そして、インテリア・トリムにはカーボン・ファイバーが随所にあしらわれる。

レーシーな雰囲気を高めたインテリアであるものの、実用性はもとの8シリーズ・クーペと遜色ない。リア・シートやラゲッジルーム(トランクリッドは電動開閉式)の広さもほぼおなじである。

FRモードも搭載する電子制御4WDシステム

搭載するエンジンは4.4リッターV型8気筒Mツインパワー・ターボだ。最高出力は600ps/6000rpm、最大トルクは750Nm/1800~5600rpmを発揮する。トランスミッションは8速Mステップトロニックだ。

よりハイパワーを望むのであれば「コンペティション」グレードを選べばよい。専用チューニングが施されたエンジンは、最高出力プラス25psの625ps/6000rpm(最大トルクはおなじ)を誇る。静止状態から100km/hまでの加速に要する時間はわずか3.2秒だ。なお、コンペティション専用装備とし、ブラックのキドニー・グリルや、ドア・ミラーなどが備わる。

駆動方式は電子制御式4輪駆動システム「M xDrive」のみ。このM xDriveは現行「M5」にも搭載されている。とくにM8では、ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)の介入が極力おこなわれないような設定になっているそうだ。

また、M xDriveはM5とおなじく、「4WD」モードのほか、ほぼ後輪駆動状態の「4WD スポーツ」モード、そして完全な後輪駆動になる「2WD」モードが選べる。

新しいブレーキ・システムも搭載された。「M専用インテグレーテッド・ブレーキ・システム」は、アクセル全開時の高負荷条件下でも優れた安定性を実現するという。

また、減速度を任意で調整出来る点も新しい。快適性を重視した「コンフォート」モードと、素早い反応を重視した「スポーツ」モードを設定した。それぞれのモードによって、車両を減速させるのに必要なブレーキ・ペダルの踏み込み量が異なるとのこと。

新型M8の価格は2230万円。さらにハイパワーなエンジンを搭載するコンペティションは2433万円だ。なお、納車は2019年12月以降である。

文・稲垣邦康(GQ) 写真・安井宏充(Weekend.)

最終更新:6/25(火) 21:20
GQ JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事