ここから本文です

店頭で大人気だった【ワークマンプラス】¥1500のソックスブーツ

6/25(火) 20:31配信

集英社ハピプラニュース

梅雨どきの週末、プチプラで高機能なアイテムを探しにごったがえすアウトドア・スポーツ・レインウェアの専門店【ワークマンプラス(WORKMAN Plus)】の店頭にて、年の頃20~30代とおぼしきおしゃれな男女がみーんな「コレ、よくない!?」といってお買い物カゴにバンバン投入していたシューズ、それがこちらです。

【写真】ワークマンおすすめアイテムでおしゃれに挑戦

アッパー(甲)とソール(靴底)が一体化し、靴下のように見えるソックスブーツ。ニット調でストレッチ素材のアッパーが伸縮性と通気性に優れていて、足にぴったりフィットする、履き心地抜群なシューズです。サイズ展開は24.5cmからのユニセックスモデル、色展開はブラックとカーキの2色。編集Oは黒を選びました。

◆おしゃれポイント〈1〉:編み地を切り替えたニット素材
ニット調に見えるアッパー(甲)の素材はポリエステルです。バイアス(斜め)状に切り替わるように編み地パターンが変わっていて、立体的なデザインに。履き口は本物のソックスのようなゴム製になっていて、足にぴったりフィット。

◆おしゃれポイント〈2〉:ぺたんこすぎないソール&インソール
ソールの厚さは約3cmもあり、フラットシューズにありがちな「ぺたんこすぎて、足の裏が地面につきすぎる違和感」がまったくありません。これは個人的な見解ですが、建築現場や森林作業現場などで活躍する地下足袋の名品をたくさんリリースしている【ワークマン(WORKMAN)】ならではのキャリアが生きたカジュアルシューズだと思うのです、ハイ。

◆おしゃれポイント〈3〉:インソールがこじゃれたストライプ柄
【ワークマンプラス(WORKMAN Plus)】店頭でご来店のみなさまが口々に「イイよね!」と褒め称えていたのが、インソールのストライプ柄。履いてしまうと見えない地味ディテールではありますが、脱いでもおしゃれに見えること確実。「knit Synchro」というのは、この靴の名前です。しかも低反発素材が仕込まれているようで、土ふまずまで足の裏をしっかり支えてくれます。
靴底は合成ゴム製で、滑りにくいつくりではありますが、雨に濡れた床や路面を歩くときはじゅうぶん気をつけたいところ。

◆おしゃれポイント〈4〉:スポンと着脱簡単なスリッポンタイプ
シューレース(靴ひも)がないスリッポンタイプなので、脱ぎ履きが圧倒的にラクです。かかとには、引っ張って履けるテープストラップつき。

1/2ページ

最終更新:6/25(火) 20:31
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事