ここから本文です

パジェロさようなら! 日本向け販売中止の今、最終モデルを試乗した!

6/25(火) 21:09配信

GQ JAPAN

三菱のクロカンモデル「パジェロ」に試乗した。日本向けモデルの販売中止が発表された今、あらためて乗った現行パジェロの印象とは?

【写真を見る】パジェロらしさはインテリアにも健在!

バブル期に大ヒットしたパジェロ

最近、1990年前後の“バブル期”を振り返るのが流行している感がある。そうしたなか、当時のクルマとして思い出されるのは三菱自動車の「パジェロ」である。

初代は1982年に登場し、2代目とともに一世を風靡した。いまは4代目。頑張ってきたが、ついに2019年4月、最終モデル「ファイナルエディション」が700台限定で発売となった。日本市場での販売は、このモデルをもって終了になる。

ファイナルエディションは、3200ccの巨大な直列4気筒DOHCディーゼルターボ・エンジンを搭載したモデルで、ベースグレードは「エクシード」だ。それに、特別装備として、本革シート(フロントは電動調節式)、ブラックルーフレール、大型サンルーフ、リアディフロックを装着する。なお、ファイナルエディションにガソリン・エンジン車の設定はない。

意外なほど悪くない乗り味

試乗すると、なかなか味のあるクルマだった。力強いエンジンと、意外なほど快適な乗り心地、そして静粛性の高い室内……SUVとクロカン4WDの中間的なキャラクターにあふれた操舵感覚も魅力だった。

エンジンは直噴コモンレール式で、インタークーラー付ターボチャージャーを組み合わせている。数値をみると、441Nmの最大トルクが2000rpmで発生する設定だ。加速は力強くて、走りはスムーズだった。そして、全長4900mm、車両重量2.2t超にもかかわらず、意外なほど軽快に走るのもおどろきだった。

くわえて、居住性も良好だった。快適装備こそ、最新モデルに及ばないものの、広々とした室内は、居心地がよい。くわえて、開口部の広いサンルーフも魅力だった。ただし、スタイリングは馴染めなかった。良くも悪くも、初代パジェロに引っ張られている感が拭えない。1980年代の韓国車を見るような気さえしてしまった。

1/3ページ

最終更新:6/25(火) 21:30
GQ JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

GQ JAPAN

コンデナスト・ジャパン

2019年7月&8月合併号
2019年5月25日発売

800円(税込)

バスケ界期待の新星・八村塁/特集「TOKYO 2020 WINNERS」2020年に躍動する勝者を見逃すな!/ 別冊付録「スポーティな時計たち」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事