ここから本文です

湿度の高い日は、パウダリーファンデーションで「サラリ8割×つや感2割」肌を作る

6/25(火) 22:40配信

集英社ハピプラニュース

人気ヘア&メイク中野明海さん曰く、梅雨の時期はメイクがくずれがちなので、サラリとした抜け感のあるメイクがおすすめなんだとか。皮脂くずれを防いでくれるアイテムを駆使して「梅雨の日メイク」を楽しもう。

【写真】6月発売の新作コスメまとめ

サラリ8割×つや感2割の肌とメイクで雨の日もさわやか美人は簡単!

「湿度の高い雨の日は、強めのつややばっちりメイクがだらしなく暑苦しい印象に見えやすいですから、抜けのあるサラリとしたさわやか美人メイクが狙い目。肌はパウダリーファンデーションで全体をサラリとした質感に仕上げつつ、頬と立体感をきかせたいところのみミニマムにつやをオン。あらかじめ、不快なテカリを招きやすいゾーンに、皮脂くずれをストップする下地を仕込んでおけば、高温多湿にも慌てず涼しい顔をしていられるはず。メイクは、体温高めに見える赤みや目のきわの締め色をなるべく引き算して、サラリとした抜け感や涼しげ感を大切に。このサラリ8割×つや感2割の肌とメイクなら、憂うつな湿度のなかでも、見た目も触れ心地も快適に過ごせますよ」(中野さん)

やみくもなつや肌はだらしなく見える要因。ゾーンごとにサラリとつやを仕込み分けるのが中野さん流! 不快なテカリに見えやすい額&鼻すじ横~ほうれい線ゾーンには、皮脂くずれを防ぐ下地を仕込み油分をシャットアウト。一方健やかな肌印象の決め手となるつや必須ゾーン=鼻の根・鼻先・頬の高い位置は、つやスティックをミニマムにオン。

目指したいのは、雨粒がするり転がる清らかサラつや肌

サラリとしたセミマットな肌に、玉のように転がって流れる雨は本当にきれい。ただ、すべてがマットだと老けるから、基本はパウダリーファンデーションで仕上げつつ、立体感が欲しいところのみつやを与えて。

肌悩みはしれっとカバーしつつも、触れ心地のいい自然な肌仕上がり。コフレドール ヌーディーカバー ロングキープパクトUV SPF20・PA++ 全7色 ¥2800・コフレドール パクト用ケース c ¥1000(ともに編集部調べ)/カネボウ化粧品

皮脂やテカリに最強下地。ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地 超オイリー肌用 SPF8・PA++ 25ml ¥2800(編集部調べ)/花王

1/2ページ

最終更新:6/25(火) 22:40
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事