ここから本文です

赤頬思春期(BOL4)、もどかしく切ない思い出を楽曲で再現したSpotifyイベントレポ

6/25(火) 22:52配信

リアルサウンド

 韓国でリリースをすれば必ず音源チャートの首位に立つ“音源女王”・赤頬思春期(BOL4)。先日、6月5日にアルバム『RED PLANET(JAPAN EDITION)』で日本デビューを果たした。同アルバムには韓国で彼女たちの人気を確立した「宇宙をあげる」をはじめ、日本語歌詞による代表曲が6曲収録されている。

【写真】SASUKE、『Spotify Special Event』レポ

 6月3日にはリリースに先駆けて渋谷のSpotifyの社内にて、BOL4の2人とファンを招待しての先行視聴会を開催。今回は、このイベントを通してBOL4の魅力をお伝えしたい。


・アットホームな雰囲気の中でBOL4を楽しむ夜
 今回の先行視聴会はSpotifyの社内で開催されるというちょっと変わったイベントだ。Spotifyでは以前からこのようなイベントを開催しており、評判だという。BOL4はこのイベントでは初めての韓国アーティストだ。今回抽選で招待されたファンは20人前後。男女比は半々といったところだ。スタート前、入場時に配られたタピオカミルクティーを手に、アットホームな雰囲気の中でそれぞれがBOL4の出番を今か今かと待っていた。

 時間になりBOL4が登場すると、会場からは「可愛い~!」と言う声が上がる。「みなさん、こんにちは!赤頬思春期です」と日本語で元気に挨拶。ファンからは暖かい拍手が上がった。司会者に「日本語が上手ですね」と褒められると、「いいえ、まだ上手じゃないです」「温かく見守ってて」と照れていた。

 イベントでは5日にリリースされる「RED PLANET(JAPAN EDITION)」の収録曲のダイジェストを全曲聴きながら、各曲のエピソードを2人に聞くコーナーから始まり、参加者から事前に集めたQ&Aに答えたりと、ほのぼのした雰囲気で進行していった。

 「どんな風に曲を作っているのか?」と言う質問に「映画とか、ドラマとか、友達と話している時とか、日常生活の中でインスピレーションを得ている」とアン・ジヨン。「(インスピレーションは)急に降りてくる。滞在中の部屋から東京タワーが見えて、インスピレーションを得た」と、日本滞在中にも曲のインスピレーションを得たという。これが今後どんな曲に仕上がるのかが楽しみなところだ。

 Q&Aのあとにはサプライズとしてパフォーマンスを披露。思いがけないプレゼントにファンたちは、思わず歓声をあげる。ジユンがギターを奏で始めると、〈コーヒーをいっぱい飲みすぎたみたい〉と、『RED PLANET(JAPAN EDITION)』のリード曲「宇宙をあげる」をジヨンが優しく歌い始めた。小さな空間を一気にBOL4の世界へ引き込む。

 「宇宙をあげる」は韓国で大ヒットした曲だ。この曲についてジユンは「多くの人から愛されるようになった意味のある曲。たくさん聞いてほしい」と語っていた。日が暮れ、窓の外には渋谷の夜景が広がっている。〈あの星もキミにだけあげるMy Galaxy〉という歌詞にぴったりなシチュエーションだった。

 最後には参加者と一緒に記念撮影。終始ほのぼのした雰囲気の中で開催されたイベントは、BOL4もファンも満面の笑顔の中で終了した。


・彼女たちの魅力は共感できる「歌詞」
 彼女たちの魅力は何と言っても共感できる「歌詞」にある。今回のイベントを通して感じたのは、日本語になったことで歌詞への共感が強まったと言うことだ。「日常生活の中からインスピレーションが生まれてくる」とイベントの中でも語っていたが、BOL4の作る歌の世界は、私たちが毎日過ごしている生活の中にある何気ない風景であり、それに多くの人たちが共鳴するのだ。

 たとえば、2曲目の「好きだと言って」は、素直になってくれないツンデレ男子を好きになった女の子の歌。勇気を出して声をかけたのに、つれない態度を見せる彼に「どうしていつも私にだけ冷たいの?」と切ない女心を覗かせる。でも実は彼に「本当は好き」と言われたことも。つれない態度に困惑しつつも「その言葉を信じたい」と複雑な気持ちを主人公は語るのだ。

 歌詞を書いたジヨンいわく、「学生の頃に好きだった人のことを思い出しながら書いた曲」だという。あなたも相手の態度にやきもきした経験はないだろうか? 誰もが経験したことがある、恋した時のもどかしく切ない思い出。それがBOL4の綴る世界なのだ。

 彼女たちの歌は、日本語になったことで意味がダイレクトに伝わるようになり、私たちの心に強く響いてくる。まだ聞いていない人は、ぜひ日本語歌詞で彼女たちの世界を覗いてみてほしい。「ああ、こんな経験あったな~」という甘酸っぱい記憶がよみがえるかもしれない。

 彼女たちの音楽は私たちの毎日の営みに寄り添い、そしてどんな時間でもどんな状況にもピッタリ合わせてくれる。気がつくとBOL4の世界にどっぷり浸かっている。そんな心地いい音楽なのだ。


・サマソニ出演で新たなファンを獲得できるのか
 8月に開催される真夏のロックフェスティバル『SUMMER SONIC 2019』への出演も決定した。このサマソニの出演で、K-POPファン以外の音楽ファンへ大きくアピールすることになるだろう。

 私たちの心に心地よく響いてくるBOL4の音楽。今後、どんな風に日本のミュージックシーンを彩っていくのか。それがとても楽しみだ。

西門香央里

最終更新:6/25(火) 22:52
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事