ここから本文です

「マユ。マユはどこだ!」8人の死者を出したヒグマによる惨劇「三毛別事件」の幕明け

6/25(火) 17:00配信

文春オンライン

 1915年の暮れ、北海道苫前村三毛別(とままえむらさんけべつ)の開拓地にあらわれた人喰い羆(ひぐま)は何人もの女性や子供たちを食い殺し、胎児を掻き出し、開拓移民小屋10軒を荒らしまわった。世界にも類を見ないこの食害事件の真相について生存者の証言を丹念に聞き取った元林務官・木村盛武氏によるノンフィクション『 慟哭の谷 』より、悪夢の始まりとなった「第1章 惨劇の幕明け」を全文転載する。

【写真】全身黒褐色の巨大なヒグマ 

◆◆◆

今まで見たこともないほどの大きな熊の足跡

 北国の山あいは日のさす時間が短かい。ここ北海道苫前村三毛別の奥地六線沢では、11月の初め頃にはみぞれが降りはじめる。そんな寒空の夜がしらみがかったころ、開拓者池田富蔵家の軒端から何やら尋常ではない物音が聞こえてきた。

「風にしては……」

 といぶかる間もなく起こる馬のいななき、激しく壁を蹴りつける音……。

 馬が暴れ出した。動物の勘は鋭い、どうやら熊が出てきたらしい。熊が軒下に吊したトウキビをあさりに出てきたのだ。

 トウキビの被害はわずかですんだ。だが、みぞれでぬかるんだ地面に深く沈んだ熊の足跡をみて、富蔵は思わず息を飲んだ。それは、今まで見たこともないほどの大きな熊の足跡だったからだ。

 大正の始めころまで、熊の出没は日常の茶飯事であったが、周辺の林内に限られていた。そんな安心感があってか、この熊の出現を富蔵は驚きはしたものの大して気にも止めずにいたのだった。すると20日過ぎの未明、またしても馬が暴れ出した。彼は急いで外へ飛び出してみたが、すでに熊の姿はなくトウキビが束になって落ちているだけだった。2度とも馬がやられなかったのは不幸中の幸いであり、不思議にさえ思えた。

 ――しかし、さすがにノンキ者の富蔵も熊の脅威を身近に感じてだんだん不安になってきた。

「こう何度も熊が現れるようでは、また来るのでは……。なにせ二度あることは三度あるというからな……」

家の軒端で異様な物音がしはじめた

 そして迎えた11月30日。彼は開拓部落のマタギ金子富蔵と三毛別のマタギ谷喜八に張り込みを頼み、熊を迎え撃つ計画を立てた。

 午後8時も間近になると、あたりは真っ暗闇である。そのとき、富蔵の家の軒端で異様な物音がしはじめた。見ると巨大な熊が立ち上がり、軒下のトウキビに手をかけているではないか。ベテランのマタギである谷は落ち付いた仕草で金子を制し「まだ射つな」と目で合図した。ところが気負いたっている金子は、そんな制止は気に留めず銃を発砲してしまった。

 耳をつんざく鋭い銃声が山あいに轟いた。

 しかし、わずか数メートルの距離にもかかわらず、弾は暗闇に吸い込まれていった。

 状況を即座に判断した谷は、素早く二の弾をはなった。すると熊は転げるように林内に消え失せた。

 熊の足跡をたどると、滴った血痕が点々と続いている。仕損じたとはいえ2人は闘志をかきたてられた。だが、この暗闇では追跡しようにも手の打ちようがない。その夜、富蔵はマタギ2人にそのまま待機してもらい、翌朝を期すことにした。

 翌日は未明から気温が下がり、細かい雪がチラチラと舞いだしていた。その中をマタギ2人を先頭にして、池田富蔵と、その次男・亀次郎の4人が追跡に向かった。

「熊はきのうの怪我で遠くへは逃げられまいて……」

 4人の意気は盛んだった。だが、鬼鹿山(366メートル)の三角点近くまで熊を追い詰めたころから小雪は地吹雪に変わり、しだいに激しくなってきた。

「天気までが熊の味方をしてやがる」

 マタギたちは「チェッ」と舌打ちした。

「まず、木の陰に入って吹雪を避けるべ」

 地吹雪のために足跡を見失った4人は、大木の根元で、しばらく様子を見ることにした。しかし天候はひどくなるばかりだ。横なぐりの雪がビシビシと顔にあたり、4人の体はみるみる白く染まっていった。

「これ以上の追跡はかえって危険だ」

 やむなく4人は引き返すことにしたのだった。

 熊はこの日を境にぱったり姿を見せなくなった。

1/5ページ

最終更新:6/25(火) 22:51
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ