ここから本文です

「んも~かわいい!」がなぜ「虐待」に……札幌2歳女児衰弱死の闇

6/25(火) 17:00配信

文春オンライン

 児童虐待が大きな社会問題となる中、またも札幌で幼い命が奪われた。ネグレクト母と刺青男の罪が深いのは言うまでもないが、行政の適切な対応があれば救えた命ではなかったか。そこには児童相談所と警察の怠慢、認識の甘さ、そして責任のなすり合いがあった。

【写真】全身に刺青がある交際相手

◆ ◆ ◆

詩梨ちゃんの体重は平均の半分しかなかった

「風呂から上がったら、娘がうつ伏せで倒れていて意識がないんです」

 札幌市中央区のマンションから、池田莉菜(21)が119番通報したのは、6月5日午前5時頃のこと。救急隊員が駆け付けた時、オムツだけの状態だった詩梨(ことり)ちゃん(2)は、すでに息をしていなかった。

「詩梨ちゃんの体に暴行を思わせる痣や、タバコを押しつけたような痕があったため、搬送先の病院が北海道警に連絡しています。解剖の結果、死因は衰弱死。2歳児の平均体重は約12キロですが、詩梨ちゃんは半分の6キロ台しかなかったそうです」(社会部記者)

 同日の夜中、道警はまず莉菜の交際相手である藤原一弥(24)を、傷害の容疑で逮捕。全国有数の歓楽街ススキノで出会い系の相席居酒屋を経営する、全身にタトゥーが入った男だ。

 翌朝、ススキノのキャバクラ嬢だった母の莉菜も、同容疑で逮捕された。

「調べに対し、莉菜は容疑を否認。藤原の方は『俺はやっていない』と莉菜に容疑を押しつけている。藤原には傷害と道の青少年健全育成条例違反の前科がある」(道警関係者)

 詩梨ちゃんは、力の限り泣き叫び、何度もSOSを発信していた。なのになぜ札幌市児童相談所(以下、札幌児相)や道警は2歳の命を救えなかったのか。悲劇の軌跡を辿っていく。

「スタイリッシュなワルが好み」「親は放任」

 莉菜と交友のあった地元札幌市東区の女性が語る。

「莉菜は昔からスタイリッシュなワルが好みで、中学生の頃から街で飲み歩いていました。親は放任だったみたいです」

 東区にある莉菜の実家には現在、母と高校生の弟が住んでいるが、莉菜がSNSで「クズ」と呼んでいた父親の影はない。

「十数年前までは東区の別のアパートで、家族4人で暮らしてましたよ。父親は職人系で、内装関係の仕事をしていたと聞きます。作業着を来た仲間がよくアパート前に集まっていました」(当時の近隣住民)

 莉菜は中学卒業後、通信制高校に進んだが、まともに通学した様子はない。詩梨ちゃんを生んで未婚の母になったのは2016年12月3日、18歳の時だ。

「身籠った時にはもう、父親にあたる男は莉菜のもとを離れていました」(知人)

 父親は夜の街の住人とされ、「売れっ子ホストだった」と証言する者もいる。

1/4ページ

最終更新:6/25(火) 22:51
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ