ここから本文です

誰にも言えない“おしっこの悩み”を解消!? 1回3秒でできる「内臓リフトアップ体操」のやり方

6/25(火) 17:00配信

週刊女性PRIME

 人にはなかなか言えない下半身の悩み。実はその悩みに、人類の進化の欠点が関わっていました。いますぐできる簡単な改善ワザもご紹介します!

【この記事のすべての写真を見る】

おしっこの悩みは進化の失敗が原因!?

 尿漏れや残尿感、下腹部の違和感などの下半身のお悩み。実は、これらが起こる背景のひとつに、人類の“身体の欠点”があることが明らかになってきました。

 最先端の科学とユニークな実験で日常の疑問を徹底的に調査するNHKの人気番組『ガッテン!』では、その欠点をひも解くカギである「骨盤」に注目しました。

 人類がまだ四足歩行だったとき、大腸やぼうこうなどの内臓は、背骨にぶら下がっていました。しかし、直立して二足歩行に進化を遂げると、内臓はその下にある骨盤の穴に向かってずり落ちるような位置関係に。

 これに加えて、進化とともに人間の赤ちゃんの脳(頭部)が発達し、出産の際に大きな頭が通過できるよう骨盤の穴が巨大化、内臓がさらに骨盤の底に向かってずり落ちやすくなり、その結果、底の部分で内臓が押し合って形が変わりやすくなりました。

骨盤底筋を鍛えて改善!

 内臓のなかでも骨盤の底のほうにあるのが、おしっこをためておく「ぼうこう」です。ぼうこうがずり落ちて変形すると少し身体に力が加わっただけで尿漏れを起こしやすくなったり、逆にうまく尿を出しきれずに残尿感を感じたりしてしまいます。また、ぼうこうが変形した部分を異物として感じるようになることも。

 とはいえ、こうした不快な症状は、出る人と出ない人がいます。その差は何なのでしょうか。

 実は骨盤の底には、骨盤内の内臓を支えている「骨盤底筋」という筋肉があります。骨盤底筋がピンと張りのある状態であれば、ぼうこうが骨盤の底にずり落ちる心配はありません。ところが、加齢にともない骨盤底筋がたるんだり、出産によって傷ついたりすると内臓を支えられなくなり、ぼうこうの位置が下がります。すると、尿道につながるぼうこうの出口が広がったりして尿漏れや残尿感などを起こしやすくなるのです。

 そんなリスクのある人でも、骨盤底筋を鍛えれば、症状を改善できる可能性が。番組でおすすめしたのは下の「内臓リフトアップ体操」です。誰でも簡単にできる体操なので、ぜひ試してみてください。

 なお、尿漏れや頻尿などの排尿トラブルは、「過活動ぼうこう」などの病気が原因の場合もあります。気になる人は早めに泌尿器科へ相談に行くことをおすすめします。

 人類が二足歩行になったことと、頭部が大きくなったことで、骨盤の穴にずり落ちやすくなった内臓を支えているのが「骨盤底筋」。骨盤の底にハンモック状についていて、加齢によってたるんだり、出産などにより傷ついたりすると、おしっこトラブルの原因になることが。

1/2ページ

最終更新:6/25(火) 17:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」7/30号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事