ここから本文です

スティーヴン・マルクマス、ソロ新作を引っさげ7年ぶりの来日決定

6/25(火) 18:45配信

Rolling Stone Japan

2020年に再結成ライブを行うことも決定したペイヴメントのスティーヴン・マルクマスが、ソロ名義としては18年ぶりとなったニューアルバム『Groove Denied』を引っさげ11月に来日公演を開催する。

今年の3月にリリースされた『Groove Denied』は、マルクマスがNetflixのドラマシリーズ『フレークド』のサウンドトラックとスティーヴン・マルクマス&ザ・ジックスの『Sparkle Hard』を制作する合間に手がけた作品となっており、各所で高い評価を受けている。彼の来日は2012年のスティーヴン・マルクマス&ザ・ジックスの公演以来およそ7年ぶりだ。

来日公演の詳細は以下の通り。チケットは7月13日の一般発売に先駆け、クリエイティブマン会員先行が明日6月26日15:00からスタートする。

<来日公演情報>

STEPHEN MALKMUS SOLO

大阪公演
2019年11月28日(木)梅田 Shangri-La
OPEN 18:30/ START 19:30
TICKET オールスタンディング ¥6,500 (税込/別途 1 ドリンク)

東京公演
2019年11月29日(金)渋谷 ストリームホール
OPEN 18:30/ START 19:30
TICKET オールスタンディング ¥6,500 (税込/別途 1 ドリンク)

制作・招聘:クリエイティブマン
協力:BEATINK

Rolling Stone Japan 編集部

最終更新:6/25(火) 18:45
Rolling Stone Japan

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Rolling Stone Japan vol.06

CCCミュージックラボ

vol.06
2019年3月25日発売

1000円(税抜)

特集:HYDE
ヒプノシスマイク
モーニング娘。’19 ライブの舞台裏
特集「今のポップシーン」の主役たち

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事