ここから本文です

森保ジャパン、1-1ドローでGL敗退… 久保建英は決定機を演出も勝ち越しならず

6/25(火) 9:55配信

SOCCER DIGEST Web

パラグアイと勝点で並んだものの得失点差で及ばず。

 コパ・アメリカの日本代表対エクアドル代は6月25日(日本時間)、ベロオリゾンテのエスタジオ・ミネイロンで行なわれ、試合は1対1の引き分けに終わった。

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

 日本は、ウルグアイ戦で先発を外れていた久保建英がスタメンに復帰。前線は、岡崎慎司とのコンビとなった。互いに勝てば決勝トーナメント進出が決まる一戦は、中盤での激しい潰し合いからスタート。序盤は一進一退のせめぎ合いが続く。

 試合が動いたのは15分、中盤で久保からタイミングよくパスを受けた中島翔哉は前線を走る岡崎へスルーパス。これは惜しくもGKのクリアを許してしまったが、そのボールを拾った中島が右足で押し込んだ。直後、主審はオフサイドの判定を下したものの、VARによって正式に得点が認められた。中島の今大会初ゴールで日本が先制した。

 しかし35分、日本は左サイドからクロスを放り込まれると、ゴール前の混戦からアンヘル・メナに押し込まれ、同点に追いつかれてしまう。日本は41分に中島が、敵最終ラインの裏に抜け出し、GKの頭越しを狙ったループショットを放つが、大きくクロスバーを越えてしまう。前半は1-1の同点で終了した。

 迎えた後半、エクアドルは勝ち越しを狙って前線への圧力を強め、日本を押し込む。ポゼッションでは日本を上回る展開となるが、日本も冨安健洋、植田直通を中心とした守備陣が粘り強く凌ぎ、得点を許さない。

 日本は66分、岡崎に代えて上田綺世を投入して攻撃にテコ入れを図る。上田との2トップでコンビを組んだ久保は、再三攻撃の起点として好機を演出。上田、中島、三好との連係でエクアドルゴールに迫っていく。

 89分には、久保の絶好のスルーパスが途中出場の前田大然に通る。最終ラインの裏に抜け出した前田は右足を振り抜くも、シュートは相手GKが阻止。さらにこぼれ球を上田が拾いシュートを放ったが、これは枠を捉え切れなかった。アディショナルタイムにはエクアドルの守備を崩し、最後は久保が押し込むも、これはオフサイドの判定に……。

 結局、日本は勝ち越しのゴールを奪うことができず、試合は1-1でタイムアップ。日本は勝点2で3位となり、グループBで3位のパラグアイと勝点2で並んだものの、得失点差で3ポイント及ばず、グループリーグ突破はならなかった。

最終更新:6/25(火) 12:25
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事