ここから本文です

悔しいドローで敗退の森保ジャパン。先制弾の中島翔哉は声を落とし…「全ての面で成長しないといけない」

6/25(火) 10:40配信

SOCCER DIGEST Web

勝てばベスト8だったが…。

 日本は激闘を演じながらあと一歩及ばなかった。

 現地時間6月24日に行なわれたコパ・アメリカのグループC第3節で、エクアドル代表と対戦した日本代表は1-1で引き分けた。

【日本代表PHOTO】日本1-1エクアドル|中島の得点で先制も再三の決定機を決め切れず…ドローでグループステージ敗退

 勝った方がベスト8進出という状況もあり、キックオフ直後から互いに激しい肉弾戦を演じた両軍。そのなかで日本が意外な形で均衡を破った。15分、敵ゴール前でのこぼれ球を押し込んだ中島翔哉のシュートが一度はオフサイドとされたが、直後のビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の末にゴールとして認められた。

 しかし、エクアドルも食い下がる。35分に左サイドを突破し、最後はゴール前の混戦からアンヘル・メナが押し込んだ。

 迎えた後半は、互いに攻勢を強めて、一進一退の攻防戦を続けた。そのなかで徐々に主導権を握っていった日本だったが、眼前に立ちはだかった黄色い壁を突き崩せずに時間を浪費。結局、最後まで勝ち越し点を奪えなかった。

 結果、得失点「3」差でグループB3位のパラグアイの決勝トーナメント行きが決定。同勝点で並んだ日本は、わずかに及ばなかった。

 試合後、フラッシュインタビューに応じた中島翔哉は、「勝てば、予選突破できたので…」と声を落としながらゲームを振り返った。

「最後までチャンスがあったので決められなくて悔しいです。凄く勉強にはなりましたし、この経験をかならず活かさないといけない。突破するチャンスを活かせなかったことが残念です」

 値千金の先制点を決めながら、それを日本代表史上初のコパ・アメリカでの勝利に結びつけられなかった背番号10は、さらにチームの課題を口にした。

「全ての面で成長しなければならないと思います。何かこれっていうもの一つだけではないと思います」

 最後の最後まで攻めながらも、勝ち越せずに悔しい引き分けに終わった森保ジャパン。果たして、若きサムライたちはいかに成長をとげるのか。9月のワールドカップ予選や来夏に迫る東京五輪に向けて、大きな経験値を得た彼らのパフォーマンスに期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:6/25(火) 12:08
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事