ここから本文です

丸刈り規則は人権問題に? 米高校生に見る、髪形で“部活の制限”は許されるのか

6/25(火) 12:03配信

THE ANSWER

連載「Sports From USA」―“米国高校アスリートの髪形問題”に迫る

「THE ANSWER」がお届けする、在米スポーツジャーナリスト・谷口輝世子氏の連載「Sports From USA」。米国ならではのスポーツ文化を紹介し、日本のスポーツの未来を考える上で新たな視点を探る。今回のテーマは「米国高校アスリートの髪形問題」。日本ではまもなく夏の甲子園を目指した高校野球の地方大会が本格的に始まるが、選手は坊主であることが一般的だ。果たして、米国では選手に対する髪形の規則はあるのか。日本のように入部に際して坊主が義務付けた場合、どうなるのか――。

 ◇ ◇ ◇

 日本では、生まれつき茶色い頭髪の生徒に髪を黒く染めるように求める学校があるという。スポーツ界では夏になると、高校球児のヘアスタイルについても議論される。日本高校野球連盟は、頭髪についての規則を設けていないが、多くの野球部の規則として丸刈りにするように求められるようだ。

「米国にはそのような規則は全くありません、キッパリ!」と言いたいところだが、数年前に、米メディアで報道された事例をご紹介したい。インディアナ州のグリーンズバーグ中学校では男子バスケットボール部員に対して、長髪を禁止していた。髪が耳にかからない、眉毛にかからない、襟にかからないようにするというもの。このバスケットボール部に入部希望の男子生徒は、髪が長いという理由で、練習に参加させてもらえなかった。男子生徒の保護者は、学校を相手に裁判へ。裁判所は、髪の毛を理由に練習させなかったのは、法律違反だと判決を下した。

 どのような法律に違反したと見なされたか。その判決の内容は、私にとって非常に興味深いものだった。

 この学校のバスケットボール部で長髪を禁じられているのは男子生徒だけだった。女子のバスケットボール部員に対しては長髪を禁止する内部規則はなく、長髪でも部の活動に参加できた。男子生徒であるために髪の毛が長いという理由で練習に参加させてもらえなかった。これが、性別によって公教育での活動の機会を差別してはいけないとする「タイトルIX(ナイン)法」に違反していると見なされたのだ。性別による機会の差別であると。

1/3ページ

最終更新:6/25(火) 12:08
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事