ここから本文です

ポールダンス、アクロバット…テーブルクロス引き! 踊り狂う三吉彩花が「狙いうち!」

6/25(火) 12:00配信

ザテレビジョン

矢口史靖監督、三吉彩花主演によるミュージカル映画「ダンスウィズミー」の本編クリップが解禁に。山本リンダの「狙いうち」に乗って踊り狂う三吉が、ポールダンスやアクロバット、3連続テーブルクロス引きなどを披露する。

【写真を見る】「狙いうち!」したいほど素晴らしい三吉彩花の美腹筋

■ 音楽が聞こえると歌い踊り出すカラダに!

本作は「突然歌って踊り出しておかしくない?」をテーマにした新しいミュージカルで、三吉が演じるのは、音楽が聞こえると歌い踊り出すカラダになってしまった“ミュージカルニガテ女子”のヒロイン・静香。

そして、こずるい調査員・渡辺(ムロツヨシ)、お金とイケメンに弱いフリーター・千絵(やしろ優)、ワケありストリートミュージシャン・洋子(chay)、うそくさい先輩エリート社員・村上(三浦貴大)、インチキ催眠術師・マーチン上田(宝田明)ら、物語の“重要なカギ”を握る、ワケありのクセ者たちがコメディーミュージカルを盛り上げる。

■ ポールダンスにアクロバット…おしゃれなレストランで踊り狂う!

三浦演じる憧れのイケメンエリートな先輩・村上にディナーデートに誘われ、静香が心躍らせながら行った先は、すてきな生演奏が聞けるおしゃれなレストランだった。

踊りたくない思いとは裏腹に、ドラムの軽快なビートに足が、カラダが、リズムを刻まずにはいられない静香。

気が付くと「ウララ~ウララ~」とテーブルとテーブルの間をノリノリで歌い踊り抜け、「この世は私のためにある!」の歌詞とともにジャケットを脱ぎ捨てポーズを決める。

レストランスタッフまで巻き込み、ダンスはテンポアップし加速度を増していく。

静香の暴走は激化し、テーブルクロス引きを3回連続で成功させた後は、バーカウンターでスポットライトの下、おしゃれなカクテルをセクシーな表情で飲み干す。

すぐさま「逃がさない~」と歌い走り出し壁を蹴って1回転。そのハチャメチャぶりに客が驚いていると、こちらに向かって指をさし「狙いうち!」ポーズを決め、見ている側もいつの間にか静香に心を翻弄(ほんろう)され、撃ち抜かれてしまう。

だが、静香のダンスはここで終わらず、さらにエスカレート。外で電話する村上の背後では、あり得ない高さで大きく回転し、先ほどのバーカウンターに飛び乗るという、アクロバットさながらの動きを見せる。

スポットライトに照らされ輝くポールをつかんで、クルクルと華麗に回る圧巻のポールダンスを披露し、その後はカウンターからシャンデリアに飛び移り、空中ブランコのようにぶら下がるなど、やりたい放題。

止めようとするスタッフや食事をする客の姿など目に入るわけもなく、静香は踊り狂う。その奇妙な状況に、客たちはスマホを片手に映像を撮影し始める。

■ 3回連続のテーブルクロス引きを1発で成功させる

「狙いうちのシーンが一番大変だった」と語った矢口監督。この1曲のシーンを撮影するのに4日間を費やし、三吉にいたっては撮影前にポールダンス、テーブルクロス引き、アクロバットといった、さまざまな動きのレッスンを受け、相当な時間を掛けて練習を重ねていたという。

ワイヤーアクションが必要となった、シャンデリアにぶら下がるシーンも本人が演じるなど、本作にかける熱量を見せた三吉。

その甲斐あってか、3回連続のテーブルクロス引きを1発で成功させた三吉は、矢口監督から「抜群のセンス、特技と言える」と大絶賛されていた。(ザテレビジョン)

最終更新:6/25(火) 12:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事